伝説のバンドとは
NIRVANAとか
X JAPANとか
Beatlesとか
ブルーハーツとか

だいたいテレビっ子もサブカルバンド好きも全員聴いてて
人気絶頂で解散したりメンバーが死んだりして
伝説となることが多い。

しかし。
だがしかし。

彼らは

私が知る限り
知ってる人は大好きで
知らない人は相変わらず全く知らない
両極端の不思議なバンドである。

その名は



syrup 16g

 syrup16gって聞いたことあります?普通知ってて然るべきだし「知ってます?」って聞くこと自体が失礼に当たりそうだと思いながら書いてみた。

 彼ら含め武道館アーティストでも普通の人は知らないといういびつな時代。
 もう一回、いや、何回でも聴き直してみると毎回新しい発見と、自分の心の健康状態によって聴こえ方がまるで変わってくるこのバンド。

 「生還」と銘打たれた、復活ライブでは発表と同時に「数万件の応募」(タワレコ談)があり
日本バンド界の生ける伝説である。

 このライブで何人の人が泣いただろう。
 ただそこにいるだけで、帰ってきただけで

 救われた人が何人いただろう。

サウンド

 そのサウンドはダウナー(鬱っぽい)曲が多く、救いのない歌詞と、技術的にはうまいわけでもないのに、感情を揺さぶるボーカルが特徴的なバンド。

 ただやりたいことを、思ったことを歌に乗せる五十嵐。不安や、悲しさなんて誰でも持っている。
 僕にとってのsyrup16はそれから無理に目をそらすことなんてない。向き合うことだって必要なんだと言っているようで。

 喜怒哀楽の「喜・怒・楽」なんてわかりやすいし耳障りがいいしいつでも聴ける。
悲しさ、辛さを分かってくれる音楽は少ない。寄り添う音楽。

ダメ人間の代弁者。

一度地獄を見た人間の救い。
私のようなダメ人間経験者としては
「そうそう!そう思う!」
「言葉にならないもやもやを言葉に表してくれてありがとう!」
ってゆー歌詞の連発。
ウェイの皆様には理解されない感情。

人間言葉にならない・病名のつかない病気は辛いものだが、自分のモヤモヤを代わりに表現してくれるアーティストは貴重で。

「寂しさを振りまいて、セールスしすぎるのが余計だ。危ない。」(HELL-SEE 末期症状より抜粋)
「もう遅せぇかねぇ。ねぇ。うるせぇてめぇ。」(HELL-SEE 不眠症より抜粋)
「代わりならうなるほどいる。だから心配すんな」(Coup d’etat 手首より抜粋)
「辛い事ばかりで、心も枯れて 諦めるのにも慣れて」(delayedead 明日を落としてもより抜粋)
「悲しみを追い払ったら、喜びまで逃げてった。あの日から僕は全力で走ることをやめたんです。」(パープルムカデ (I’m not )by youより抜粋)

 公式動画がないのが残念だが (I’m not )by youは曲も歌詞も切なくて好き。
 可もなく、不可もなく、不甲斐なく。

 2008年の一度解散するまでのsyrup16gは自分にとっての大学生時代というある種の青春時代を担ったアーティストなので想いもひとしお。

 メジャーデビューアルバム『coup d’Etat』の発売前のインタビューでも

「ねえ、だれか教えてほしいですね。これは非常に申しわけないんだけど、まだ途方にくれている人がいますよねえ、ちょっと……。”ソドシラソ”って鼻歌で歌ってるっていうか、全然ソドシラソじゃないんだけど譜割的には、音符的には。だけど、なんだろうなあ………とりあえずネガティブな部分を一人で吐き出している悲しい人っていうか(笑)、うん。なんか外に向けて何か促してるわけでもなく、自分で悪態をつくことでなんとか生き長らえようとしている……人ですよね」
syrup16g official homepage interviewより抜粋

 端的にsyrup16gを表している言葉なんではないかなと思って抜粋した。
 涙流してりゃ悲しか?心なんて一生不安さ。

2013生還 2014再結成

 生還からの再結成は衝撃的な解散から6年の月日が経っていたこともあってファン・音楽関係者へ激震を与えた。
 個人的には再発前の方が鬱寄りで好きだったりするが
 今も正統進化ですげぇ刺さる。

 ポストソドシラソクラスの激しい曲。不協和音のイントロ。

向き合おうって 言われたって
全滅だから もう焼け野原
立ち上がって 這い上がって
見当外れで ふて腐れる
So many death
沿う 運命にです
Deathparade
Deathparede 歌詞

あぁ、syrupだわ。変わらずシロップだった。

 syrup16絶頂期2003年とか2006年とか、その頃僕はまだ学生で。
 その頃から大人になって聴こえ方も変わってるんだけど。

 暗いから、共感できるからいいとかじゃなくて
 syrup16gのように自分の思うことを精一杯表現しなくちゃなと思う今日この頃です。

それでは!

関連記事

関連記事