音楽制作ソフトが普及し
 誰でもそれなりのトラックを作れるようになり
 DTMerといわれるいわゆる宅録をする人口が爆発的に増えたのが大体2007年とか。

 ニコニコ動画で拡散して初音ミクというボーカロイドに歌わせたりして一大ムーブメントを築き上げた。
そこからデビューしたアーティストもいればその下に転がる屍の数も数えきれない。

的を射すぎて反感を買いまくりなアーティスト

 今「感情のピクセル」で絶賛炎上中の
岡崎体育君も流行りに乗ったらたまたまバズったDTMerだと僕は思っていた。

 「ミュージックビデオ」はもちろん見ていたしピンの人だって知っていたし

 バンドじゃないってだけでもう勝手に「僕にはあまり関係のない音楽」だと思っていたのだが
 感情のピクセルを見たら面白かったのでもっかい見直したら
 すっごくバンドリスペクトでどの曲も面白かったので
 是非皆様にもう一度岡崎体育を見返して頂きたい。

天才が流行りに乗ってみたら

 ラウドは今流行っている。ワンオク・マイファス・SiM・crossfaith・・・
 そんな中彼はラウドをオマージュしたPVを発表してしまったのだ。

天才かよ。マジぽい。それっぽい。ラウドっぽい。

 イントロからAメロ・Bメロまでかっこいいのに
サウンドがめっちゃラウドサウンドブンブンいわしてんのに
サビが
「みんなでたのしくうんぱっぱーのぶんぶん」

「おなかぽんぽんぽんのやっほー」て

「ワニさんもなかまにいれてあげて」

重ねまくるもんで電車で噴出したじゃないか。
あの時の皆様からの白い目と恥ずかしさの責任を取れ。

本当に怒るべきはそれじゃない

 なんか感情のピクセルが異常に炎上してるみたいですけど
 バンドマンの方々はこっちはいいんすか?

全開で「バンドざまぁみろ!」×17回言ってますよ?(数えた。)

 岡崎体育ディスってる人は「岡崎体育が音楽シーンディスってる」
っていう言い方してるけど

取り方ひとつだと思うんですよねー。

 僕は「ミュージックビデオ」も「FRIENDS」も「感情のピクセル」も
それぞれのへの深い愛情と
皆で作る羨ましさと
妬ましさと
独りで造る寂しさと
『音楽が好き』が詰まった楽曲に聞こえるんですよ。

 SiMのMAHとの対談でバンド上がりですって言ってた。自分の頭のイメージを完成するために一人を選択したらしい。

 岡崎体育の楽曲は額面通りに受け取っても面白いし
 言葉の裏に隠された本当の想いを考えても深いし。
 まぁサウンドはピコピコいってるからアレとして。
 僕はやっぱりバンドサウンド楽器隊が大好きだけど。
 これはこれで面白い。

才能あふれすぎ

 先までの動画もそうだがSNACKって動画も異常にクオリティが高い。
 HIPHOP風のLyricにrythmeがフロウしすぎてヤバい。

 岡崎体育は目線が的を射すぎてるし作曲の引き出しが多すぎる。

それがわかるのがこの動画。3ワード即興ソング
コードと曲調は毎回一緒?似てる?のだが
3人1人ずつワードをお客さんに言わせる。

八百長なし。マジランダムでいじめられてる。
抗生物質知らねぇのかよとw

知らないのにほんとにやり切っちまう。
頭の回転早すぎだし。
ちゃんと曲になってるし。
この動画なんて情景すら目に浮かぶようだ。

天才か。芸人か。

 感情のピクセルでまたスターダムにいきそうな岡崎体育。
 感情のピクセル他10曲+DVD収録の待望の2ndアルバムは
H29/6/14発売!

関連記事

関連記事

楽器を買って音楽を始めよう!