前回の2018年流行るバンドは既にメジャーデビューしてたりフェスに顔出してたり武道館を控えてたり、「それって2018年なの・・・?2017年じゃなくて・・・?」と突っ込まれそうなほど、ミーハーでわかりやすく流行るバンドを紹介した。
 

 メディアでバンバン紹介されてフェスのトリやっちゃったりする言ってみれば「ポストマイヘア

 でもこのサイトの性格上、そんな当然なアンパイどころ挙げても「まぁそうだよね」で終わってしまう。

 邦ロックのニュースに敏感な皆様には至極退屈な記事だったかもしれない。

 それでもある一定層には楽しんでもらえたようでなにより。

 と、書き上げたのちにそんな反省をしつつ、リベンジ記事として前回のアンパイなラインナップより『すこーしだけ』今はニュースになりにくいが今年一歩前進して注目を集めそうなバンドをラインナップしてみた。

 でわどうぞ。



2017年振り返り

 席巻していたのは一昨年から繰越されたブルエンとか、SHISHAMOとか、WANIMA、マイヘア。
 WANIMAなんてバンドなのに紅白でちゃったよね。

 繰越バンドがシーンを席巻している今だからこそ、ロック界新興勢力を応援したい。
 RADやBUMPの時代のような一強時代から多様化の時代にシフトしている中で、多くの音楽性のバンドが多くの価値観で支えられたらいいなぁと。

 クソマジメか。話が逸れた。

ポップ:緑黄色社会

 至る所でパワープッシュ。NAVERまとめでもナタリーでも『緑黄色社会』が来る来る言われている。

 割とこのサムネ見飽きたなぁと思いつつ、意外と再生数は稼げてないのな。130万再生。

 美人なボーカルと美人なキーボード。共にも出る。

 あっさりしてポップな曲調。ボーカルのうまい感。

 刺さる・響くというより聴きやすくて多くの人にリーチできそうで、かつサビはバンドらしいサウンドものぞかせる。ロックっぽいのを聴き始めたいティーンに流行りそう。

 剛力彩芽的なノリのパワープッシュである程度来るでしょ。

メンバー紹介から始まる特集記事はこちら

ラウド:オメでたい頭でなにより

 楽しい担当。
 打首獄門同好会との対バンで知った。「楽しく、幸せに騒げる、底抜けに自由でオメでたいバンド」

 昨日の嫌だったこと
 今日の辛かったこと
 明日に備えてさっぱり 流そう

 2016年8月Vo’の赤飯が中心となって結成して2018年春メジャーデビュー。
2018/1/1まとめ盤『オメコレクション』めでたすぎ。

 一気に来る。

 こんなに楽しくてゆるいバンドなんです

エモ:眩暈siren

 オメでたい頭でなによりとはうって変わってダウナー。

 鬱ロック。厭世的な歌詞の世界観とバンドの直情的で激しいトラックが、日常の閉塞感や息苦しさ、それを覆う無力感を表現している。

 本当の望みを諦めが削ぎ落とす。自分と呼べるものは残っているか?

 自分自身に問いかけろ。お前は本当に自分を持っているか?

 展開の豊富さとボーカルのミステリアスさ、楽器隊の高度な演奏力が魅力。

 個人的にはキーボードの押し引きが絶妙で好き。
 キーボードだけどピコリーモにもならず、切ない世界観を必要十分に表現している。

 Mini Album「深層から」3/21 発売

 世界に閉塞感を感じているあなたのための眩暈sirenはこちら

SPARK SPEAKER

 アイドルやないか。ロックどころかバンドですらないやないか。楽器おらんやないか。

 ツッコミどころ満載なオサピーの中の5選にランクインしたSPARK SPEAKER通称スパスピ。

 なぜここにきてアイドルなのかというとこの記事。

 そう。ラウドロックポータルサイト、激ロックの特集に掲載。

 確かにこの曲ロックっぽい。バンド映えしそう。アイドルだけど。

 だが、複数回激ロックでのインタビューを受けるなど、昨年11月からの勢いがすごい。
 2018年1月20日(土)2nd ワンマンライブのチケット200枚手売りなど、身近なアイドル。努力家。

 マイノリティに酔っちゃってるバンドマンは愚直精神から学べ。ロックを再定義しろ。

 2017年11月22日 1st ALBUM “KYO-MEI”をリリース。

 ファンからの思い入れが熱くて、メンバーが丁寧に返信してて神対応なので、ここから爆走しそう。

スパスピをもっと知ってほしいからこの記事も読んでね!

Futuristic ROCK:ARDOUR:ARDOUR∴

 やると思った?来ると思った?

 このサイトの熱心なファンは私がアーダーアーダーを推していることを知っているはずだ。
 耳タコだ。

 だが、今回はそれだけではない。前回記事を書いたのは初ライブ直後。

 ライブを見て衝撃を受けて2017年最推しと騒いでいたのだが、その後

 アメリカのレーベルLocomotiveと契約し、全米デビューも果たしたBLOOD STAIN CHILDのツアーに参加。
 初ライブでゲストだったcellchromeがメジャーデビュー。
 今年2月にはクアトロでLIVEが決定

 などなど、新しいロックの形Futuristic ROCKを掲げ爆進中。

 誕生と繁栄 煩悩が矛盾を作る
 プラグインに無数に組み込まれたアンサー・・・
 「愛」だけ見つからない

 ヘヴィでポップ。未来に対しての提言。単なるバンドではなく多方面のクリエイティブアーティストの集合体。

 これはめちゃくちゃ期待できる・・・

 至極個人的だがステージも上がってるし、対バンも毎回豪華だし、あながち外れもしないと思うんだよなぁ。

 今年のアルバムリリースがカギですね。どんな形で、どんな媒体で販売されるのかも含めて。

ARDOUR:ARDOUR∴がどんなバンドなのか、是非読んで知ってください。

いかがだっただろうか

 というわけで今回は今知名度は低いが、今年知名度を一気に上げて音楽シーンを加熱させそうな超期待バンド・アーティストを紹介した。

 ここ数年、ラウドブームってこともあって、今年もラウド寄りのアーティストが豊作。

 前回のようなメジャーアーティストも完成度が高いアーティストも外せないが、今知られていなくても一気にバズるアーティストを大予想するのも楽しいと思いますよ!

 あなたの今年流行るバンド5選はどんなラインナップになったでしょうか?

 それでは!

音源はこちら

 長屋晴子の透明感と深みと伸びを兼ね備えた美声を噛み締めろ!
 緑黄色社会

 ラウドで楽しくてお前ら本当にオメでたい頭でなによりだ!
 オメでたい頭でなにより

 孤独感と閉塞感を認めて受け入れたら進むも止まるも自由だ。
 眩暈siren

 最近ロック×アイドルが流行り。その中でもロックなアイドル筆頭。
 SPARK SPEAKER

関連記事

関連記事

楽器を買って音楽を始めよう!