人生は山あり谷ありだという。
 いいことばかりではなくて悪いことも起きうるという戒め。

 栄枯盛衰。日本語は美しい。

 ポジティブ楽曲など地上波に任せておけ。
ウェイの皆様が理論の暴力でポジティブを押し付けてくれる。

 本当に怖いからやめてくれ。
 まぁリアルは近寄らないから押し付けられることも少ないけど。

 それでもメディアから流れ押し付けられるポジティブ。
 もうわかったって。愛は地球を救うで金稼いどいてくれ。

鬱バンドだと思ってたGOOD ON THE REEL

 デビュー時、TSUTAYAでショートverが無料レンタルされていたので借りてみたら
 日常の誰にでも起こる悲しみを歌っていた。


「今頃知らない笑顔と笑っているのかい?それとも僕を想って独り夜に泣くのかい?」
「あなたを幸せにできるのは僕以外にいないなんていう独り善がりな心を コワシテ」

 うわぁ。悲しい。
 特にこのアルバムは悲しい曲が多かった。
 【ぼっち部屋のティティ】なんてストレートなロックサウンドなのに超悲しい。

結成12年

音楽学校出身の5人組。
ボーカルの千野の高音ボーカルが特徴。

 だがさすが音楽学校出身というべきか変化に富んで全ての楽器が分離してそれぞれの楽器が立っている。
 ググってもライブ映像がまともなのが出てこないあたりがいい。

 ライブに呼び込むためにはライブ映像はネット上にない方がイイ。

 しかしMVが豊富で変遷を見ることができる。

 私は先ほどの【コワシテ】が入っているアルバムから前に戻ったのでこんなイメージがついていた。
1stアルバムの1曲目だって・・・


「きっといつだって そう 今だって 逃げてく今が止まってくれない。」
「だから ねぇ ここにいて 僕の ねぇ そばにいて」

 うん。悲しい。寂しさしか伝わらない。
 だがこの悲しさが自分と重なって共感できて泣けていい。

 O型はおおざっぱと同じ位のありふれた悲しさ。多くの人が必ず通るのでは?というテーマなので共感を得やすいのだ。
いや、言い過ぎか。

久しぶりに聴いたら躁病になってた件

 新しい人と会うと新しいアーティストの話を聞いてそっちの楽しさに行きがちな僕ですが、
 今どうなってるのかなーとyoutube開いて最新曲を聞いてみた。

 めちゃくちゃポジティブじゃないか。
【いらない】って曲で「私なんていらない」とか歌ってたバンドと同じとは思えない。
 「明日は来てくれるから 安心してまた今日も おやすみ」

 待て待て。安心しすぎだろう。
 お前ら日比谷公会堂経験して大きくなったかもしんないけどさ。ワンオククラスのメジャーになったら安心していいけどまだまずいだろう。
 高低差ありすぎて耳キーンなるわ。そりゃ俺も伝わらないパクリギャグまでするわ。

 とりあえずまだ悲しいGOOD ON THE REELさんが忘れられないので【いらない】聴いて泣いてきますね。

HAVE A“GOOD”NIGHT [DVD]
GOOD ON THE REEL
ユニバーサル ミュージック
2017-03-22

 

関連記事

関連記事