ゴリゴリのおっさんが

 ゴリゴリのロックを掻き鳴らす絵。

 それが日本でライト層マニアックコア層バンドマン問わずバカウケする絵。
 想像できます?

 俺はできない。

 日本は美意識?が世界的に見てもめちゃくちゃ高いので線の細いイケメンかアイドルがもてはやされる。
 低刺激弱酸性の音楽性に芸能人級の外見が求められる。
 ONE OK ROCKとか音楽性も逸脱しすぎず、俳優級のイケメンなので国民的バンドとなった。
 
 遡ること18年。Linkin Parkというバンドの1stアルバム、【Hybrid Theory】が全世界で社会現象となり、日本でも広く聴かれた。

 その後も世界と日本でLinkin Parkはリリースするたびに安定の社会現象を巻き起こしていたわけだが、外見的には普通のおっさんだった。
 日本ロック界にもかなりの夢と希望を与えたのだよチェスター。

 時は過ぎ、社会現象となるバンドもおらず、売れる条件には顔を前髪で隠す【雰囲気イケメン】の条件が付与される時代。

 そこで昨今自由の国AMERICAのビルボードチャートに常連で現れるバンドを見つけた。

 そのバンドとは



Bad Wolves

 2015年から楽曲の制作を開始。
 2016年から本格的に活動を始めると2017年5月、デビューシングル『Learn to Live』をリリース。

 私が知ったのは3rd シングルのこの曲。

 ゴリッゴリである。
 そしてバンドメンバーの3/5がデブである。
 加えてこのロック/メタルである。
 非常にヘヴィである。
 日本に入ってくるわけがない。 

 もったいない!!

 ちなみに先ほどのzonbieという曲はThe Cranberriesというバンドのカバー曲である。

 再生回数7億2千万回とかwww
 Bad Wolves版もこちらのオリジナル版も言葉わからなくてもこう・・・語彙力低いけど魂というか悲鳴というか迫ってくる感じ。

 The Cranberries – Zombieオリジナル版のオーストラリア、ベルギー、フランス、デンマーク、ドイツのチャートで1位になった。
 この歌はアイルランドの戦争中爆撃で殺害された3歳のジョンナタン・ボールと12歳のティム・パリーの死に衝撃を受けて書かれた。
 「この歌は、人間に対する人間の非人道的な態度に対する私たちの叫びであり、人間に対する非人道的なものです」と。

 The Cranberriesのレビューみたいになってきた。
 いつかまた。

見た目も音も歌もいかつい

 いかつい音楽がめっちゃ流行らないガラパゴス国家、日本。

 最近BABY METALが流行って日本のみならず海外でもウケているが、結構アイドル×メタルという戦略的な部分も大きい。

 要は新しい試みで面白いとは思うんだけど、純粋音楽というより見た目のイロモノ具合の部分も大きい。

 断っておくがベビメタは嫌いではない。

 が、Bad Wolvesはどこまでもいかつい。

 1st シングル。Learn To Live。ミクスチャー感満載。
 ラップパートからエモパート・スクリーモパートと飽きない。
 そしてヘヴィ。体もヘヴィ。
 エモパートで歌ウマすぎ。
 ツーバスのシンプルなドラミングにどこまでもいかついギターリフ。
 
 モヒカン。

 好き。Bad Wolves好き。

どこまでいっちゃう?

 周りでBad Wolvesって言ってる人いないけどどうなのかなーと思ってTwitter見たけど意外とBad Wolvesで呟いてる人多くて安心した。

 俺も英語全く話せないけど海外でzonbieというカバー曲ではあるが爆発した新規アーティスト。

 5/11には1st Album’DISOBEY’ をリリースした。

 そのアルバムからHear Me Now feat. DIAMANTE

 もはや大御所のサウンド。
 泣ける。

 バラードなのだが大迫力。セクシーさと力強さがたまらない。

 そして仲良さげ。このデュエットでボーカルのtommyは「俺達は全員ディアマンテと少し恋に落ちたと思う。」と語る。
 それほどの感情に訴えかけるパワーに溢れた1曲になっている。

 言葉がわからなくてもサウンドと映像でグッとくる。
 歌詞的には

I don’t wanna live for nothing
Just wanna be something
I never knew what it took to win
I don’t wanna live for nothing
Just wanna be something
I never knew we’d be more than friends

 翻訳は野暮だ。ggrks。ググって感じろ。

 音がもう完成されたそれで実績も出て1st アルバムもリリースして7/16~9/9にかけて4バンドツアーも行う。

 日本にも来てほしい。

 それでは!

おススメ音源

 本文中に何度も話に出た1st Album ‘DISOBEY’ ただ一言、ゴリッゴリの洋楽。
 リンキン以来の音圧とヘヴィネス。

輸入盤は安いよ。個人的に解説/対訳を自分で頑張ってこちらを勧める。

試聴

Summary
Bad Wolves
Article Name
Bad Wolves
Description
The Cranberries Zombieのカバー曲が全米1位を獲得。 ラップパートからエモパート・スクリーモパートと飽きない。 そしてヘヴィ。体もヘヴィ。 エモパートで歌ウマすぎ。 ツーバスのシンプルなドラミングにいかついギターリフ。 モヒカン。
Author
関連記事

関連記事

楽器を買って音楽を始めよう!