今回は意識高い系女子や
そんな女子にアプローチしたい野郎向けの記事。
どういうことかというと、音楽が人の琴線に触れるシーンは様々ですよね。
ドライブ中に聴きたい音楽
友達とのカラオケで歌いたい音楽
独りの時に聴きたい音楽
好きなあの人と聴きたい音楽

グーグルアナリティクス様によると
信じられないことにこのサイトの40%強は女性が見ている。
そして女性はオシャレっぽい音楽が好きだ。
しかしオシャレな音楽と一口に言っても
何を聴けばいいのかわからない。
ジャズは敷居が高い。
そんな方々にこのバンドをおススメしたい。

the band apart

バンドアパート。通称バンアパ。
2001年にレコード会社から音源発表。
以降今のバンドシーンに少なからず影響を与えている

テクニカル・オシャレバンドの草分け的存在。
まずは聴いてくれ。LIVEでこの完成度は異常なほど演奏力が高い。

あー、もうオシャレ。
どこを取ってもオシャレ。
イントロからしてオシャレ。

なのにサビで「yeah yeah yeah」と誰でも口ずさめるメロディ。
伸びやかで芯のあるボーカル。
美しいコーラスと一見オシャレに合わないバッキバキのベース。テクニカルギター。

ボトムを支えてるのに多彩で聴き飽きないフレーズのドラム。
これをオシャレと呼ばずしてなんというのか。

個性的すぎるメンバー

このバンド、イケメン0。
(唯一ギターがイケメン枠か?でも髪型以外普通だよね。)
このバンド中一人はイケメン枠がいないと売れない時代。

卓越したテクとオシャレな音楽のみで勝負できる素晴らしくも化物じみたバンドだ。
だが、だからこそメンバーに興味が沸いた。

Gt’Vo’ 荒井岳史


向かって一番右で歌ってる人。顔は割と優しそうだけど体型ががっちりしすぎて
僕は会ってもあまり目を合わせたくない。

格闘家なのかなとばかり思ってたらラガーマン(ラグビーやってた)そうだ。
バンアパの傍らソロプロジェクトも敢行。

Gt’ 川崎亘一


センターで首振ってひたすらにテクニカルなギター弾いてる人。
ボーカルじゃなくてリードギターが真ん中なのは「誰がメインとかではなく、同列の関係に見えるといい」という想いから。

常にボーカルを見ているのは・・・バンドマンの皆様は知っていますね。
「ベースの原を見ると笑ってしまうから」

Dr’ 小暮栄一


バンアパの歌詞の多くを手掛けるドラマー。
海外留学経験(強制)があるため、英語詞のバンアパにとって
なくてはならない存在。

異常に引き出しが多く、かつ出すぎない。なのにドラマーからみると
だいぶ前出てる。不思議。

結成当時メタルコピーだったバンアパが嫌で脱退したくせに今ではメタル好きらしい。
ドラマーにメタル好きが多いのは気のせいか?
個人的にハゲが気になる。

Ba’Cho’ 原昌和


バンドのマスコットキャラクター。
ライブ中一番汗をかき、一番笑顔で弾いている。
その風貌からは想像できない美しいコーラス。

そして音作りがクリーンではなく、バッキバキ。
ベースがアクセントになって飽きないつくりになってる。

特に原さんはもう名言が多すぎておもしろかっこいい。
是非youtubeで「原さん名言集」と検索してほしい。
ちなみに僕が一番好きな名言は「弦は安けりゃ安いほどいい。粗野な音がする」

オシャレだけじゃない。

ここまでオシャレを前面に出しているが
こんな曲も書く。

初期の代表曲。「FUEL」熱い。

あれ、やっぱりオシャレだ。
何やらせてもオシャレだな。
原が眼をかっぴらいて川崎を見ているがまるで背後霊。
この瞬間を見たらトラウマだろうな(笑)

自分たちが気持ちい音楽がメンバー全員が合致しているからこそ出る楽曲達だと思う。
どうでもいいが僕がバンアパにハマっていた頃、メンバーに「バンアパみたいにギターセンターでやりたい!」と言ったら許可が下りて

バンアパのようなGt’Vo’が下手、Gt’がセンターでやってみたら
大ヒンシュクとゆーか「なんでボーカル真ん中じゃないの?」と普通に不思議がられた。

昨今は

the band apart (naked)というアコースティックバンドとしての
サイドプロジェクトを開始。(だよね?アコバンドに転向じゃないよね?)

木暮が踊っとるがなw
しかも中途半端にw
なげやりかw

荒井岳史ソロ、原のサイドMINE、木暮と荒井のサイドthe yasuno n°5 group、
nakedと今後もバンアパを見逃せない!

Summary
バンドアパート
Article Name
バンドアパート
Description
the band apart通称バンアパ。2001年にレコード会社から音源発表。以降今のバンドシーンに少なからず影響を与えているテクニカル・オシャレバンドの草分け的存在。
Author
関連記事

関連記事

楽器を買って音楽を始めよう!