先回メタル界重鎮のslipknot様を当ブログにて召喚したところ
珍しくいろんな方からご反響いただきました。
なんだ。ラウド・メタル好きなんて少ないと思ったら
意外といるじゃないかと思いつつ
初のリクエストいただいたので至極まっとうにレビューする所存であります。

今世紀最大一般大衆向けラウド

普通に生きてるJK(女子高生)はラウドに触れることはない。
JKにモテない音楽は流行らない。

ラウド≒流行らない。
そう思っていた時期がありました。

そんなことなかった。

全国放送の朝の情報バラエティ
スッキリ!!で特集されたからには日本中で大人気間違いなし!
9:40の放送なのでお茶の間のお母様方からの支持が絶大!
JKの話どこいったんすかね。

スッキリ!!はslipknot呼んだりマイファス呼んだりロックに理解あるのに
9:40じゃ意味ないんだよ。中高生ターゲットにした方が数字とれまっせ??
左下のワイプの皆様、絶妙な御尊顔をされております。
「コメントしづれ~~」

おいどうした。お前らプロだろう。
作れ作れ。顔作れ。仕事だよ。

ラウド界は仲がいい

SiMとCrossfaithは仲が良く、7~8年来の盟友。
そんなこんなでコラボ曲。これも重く、踊れるまさに
SiM VS Crossfaithらしい一曲。

イントロからのKoieの「GO!!」でほんとに首振れる。

SiMとCrossfaithのサウンド・ボーカルのバランスが秀逸。
サビの「get get it out! get it out! show your self get it out!」
「ハッキリ言えよ!てめぇ自身を見せてみろ!」

で血沸き肉躍る。

VS ProjectからSiMのMAHとCrossfaithのkoieの対談記事。
超ボリュームだけどどちらか、もしくは両方のファンとしては
ニヤニヤしてしまう対談内容。←リンク

SiMはgilsoundworksってのもあってcoldrainとも仲いいよね。社会性抜群か。

Crossfaithの最大の魅力。

ライブパフォーマンス。
全員が全力。全開。

SiMが踊れるノリノリラウドなら
Crossfaithはよりメタル寄りで重たい正統派ラウド。
キーボードの音でより頭悪くなれる。

バンドをするからにはステージング・パフォーマンスが
ライブの5割を作ると思っている。

残り5割の楽曲クオリティがクソだとどうしようもないのだが
ステージングのないライブに価値などない。
ので、より振りが大きいロックが好きなのだが。

結成10周年プロジェクトも予定され
海外を拠点に日本でもしっかり活動するCrossfaith
フェスにもガンガン出て露出も増えるのでこれからのラウド界に目が離せません!

おススメ音源

2015年のDevil’s pertyを収録したメジャーデビューアルバム。
私もこのアルバム=crossfaithらしいと思ってる。

Summary
crossfaith
Article Name
crossfaith
Description
SiMが踊れるノリノリラウドなら Crossfaithはよりメタル寄りで重たい正統派ラウド。 キーボードの音でより頭悪くなれる。 世界を相手取る日本代表ロックバンド。
Author
関連記事

関連記事

楽器を買って音楽を始めよう!