前回かなりのコアなところを突いてみた。54-71

 この記事の人気のなさが凄まじい。
 最新記事を差し置いてヤバTがトップ。

 お・・・おおぉ。ヤバTが人気なのかベース女子が人気なのかわからんが、とにもかくにもヤバTの記事がトップ。
 コアなのカッコイイよ。伝説のバンドと名高い。

 でも、わかる。わかるよ。
 名前も知らないバンドの記事が上がってても見る気にもならないその気持ち。

 そして俺は知っている。男性諸君、お待たせしました。
 おまいらお待ちかねのセクシー姉さん記事だ。

 ある種のボーナスステージ。
 
 そのバンドは






eyes set to kill

 2008年アルバム『Reach』で一気に知名度を上げたAlexiaとAnissa Rodriguez 姉妹を中心に結成されたバンド。
 アメリカアリゾナ州でポストハードコアとかハードロックとかスクリーモとかって分類されている。
 要は激しいバンド。

 
 声がエロい。男のデスボイスとの掛け合い。美メロとハードパートの展開。
 重いギターに透明感のボーカル。バックとリードギターの掛け合い。

 全パートが立ってる。後述するが唯一のオリジナルメンバーのCaleb Cliftonのドラミングも良い。
 まさに俺好み。
 
 女スクリーモを漁ってたときに発見した。そして追えば追うほどある異変に気付く。

 「お前誰だ」

メンバー変わりすぎ問題

 このバンドほどメンバーの入れ替わりが激しいバンドを俺は他に知らない。

wikiから引っ張ってくるだけでも

Greg Kerwin – ギター, (2007–2011)
Brandon Anderson – ボーカル, キーボード (2005–2010)
Justin Denson – ボーカル, キーボード (2010)
Lindsey Vogt – ボーカル (2003–2007)
Connor Vogt – ギター (2003–2007)
John Moody – ギター (2005–2007)
Alex Torres – ギター(2006–2007)
Austin Vanderbur – ボーカル (2003–2005)
Zack Hansen – ギター (2003–2005)
Milad Sadegi – ドラム (2003–2005)
Spencer Merrill – ボーカル (2003)
David Phipps – ドラム (2003)
wikipediaより抜粋

んで昨年1月にはとうとうベースでボーカルのAlexiaの妹のAnissaも脱退。

 知りうる限りこのメンバーでの活動が一番長かった?

 いや、ごめん。わかんねぇw

 よく見て。だって冒頭のアイキャッチ画像のキャラ姉妹とドラムしか残ってねぇw
 2/5が脱退。

 冒頭のReachからのビ〇チ加速加減もすさまじい。
 そこは割と歓迎ですけど。

 そしてその上Anissaまで脱退したらもう、別バンドじゃないのかと。
 Anissaもいて、最も脂が乗っていた2010年のBroken Framesという曲は割と名曲。

 個人的にはReachとBroken Framesこそeye set to killの代表曲。すげぇ好き。

しっかり活動してます

 メンバーの原型がなかろうと、妹のAnissaがいなかろうと、メインボーカルのAlexiaがいる限り、現役。

 アー写でAlexiaの後ろに女の人がいるけどyoutubeとかにはいないよ。どこいっちゃったのかはAlexiaのみぞ知る。

 むしろ、久しぶりにeyes set to killを聴いて調べてたらこのアー写を見て「Anissaがいない!」と思って筆を取った次第だ。

 そんな中、しっかり活動しているeyes set to killは2/14に新アルバム「Eyes Set To Kill」をリリース予定。
 そのシングルカット版とも言うべきMVがこちら。

 セクシーさに磨きがかかったのは歓迎だが、とうとうMVにメンバーがAlexia以外が映らなくなった。

 こう、色々心配だけどデビューアルバムのReachから10年の節目を迎えるeyes set to kill。
 自信のバンド名を冠した新作の「Eyes Set To Kill」でどう変わるか、バズれるか、それともAlexiaのワンマンバンドで終わるのかが問われる。

 それでは!

文句なしのベスト盤!これさえ持っとけば女×スクリーモは制覇したようなもんだ!

関連記事

関連記事

楽器を買って音楽を始めよう!