付き合ってはいけないダメ男”3B”

・美容師
・バーテンダー
・バンドマン

 美容師はそのまま外見を磨いているし女性との接点も多い。
 当然女性に好かれるチャンスも多い。ライバル多し。

 バーテンダーはまんま酒。付き合ってはいけないどころか、酔った女が自ら寄ってくる。
 自滅した挙句バーテンダーとは付き合うなとはこれ如何に。

 ヘタしたらむしろ男性側が被害者だ。むしろ俺はモテる男よりも、
 「モテることを自覚して武器にしている女」の方が嫌いだ。

 俺が大好きで有名なこの記事にもある通り。

 そしてバンドマン。
 これは曲者だ。
 美容師・バーテンダーは「仕事ができる」ことが前提だが
 ここのコンテンツのクオリティあまりにも趣味性が高い。

 そもそもバンドマンに恋する女性がバンドとしてのクオリティを理解しているとも思えない。(失礼)

 のでつまり見た目と聴きやすさに終始する。

 モテないバンドマンはどこまで行ってもモテないが、一部の、
 いや、数%のキャッチーで雰囲気イケメンで売れちゃってるバンドマンはクソほどモテる。
 V系やってるだけで一定数ファンがつくのと同じ原理。

 あの対バンした衝撃のクオリティの低さだったV系元気かなぁ。
 2名のファンとチェキを撮ってると思ったら、トリが始まる前にはライブハウスから消えてた。

 今回紹介するのはV系じゃないけどThis is 邦ロック!≒This is モテバンド!
 みたいなそんなバンド。



感覚ピエロ

 名前からしてもうネタ臭。
 骨太ロックバンドといえばBARAHMANとかブッチャーズとかみたいなそんな響き。

 名前からしてもうあまり興味なかったけど邦ロックではかなり有名なんだそうで

 おいマジかよワンナイトラブゲームってめっちゃそのまんまやん。
 「モテたい」が溢れて止まらないバンドみたいになってますけど大丈夫ですか!?

 ボーカルもセクシーっぽい甘ったるい声で、楽器隊もなんかオシャレなコードを織り交ぜてシンプルじゃないエロいビートを奏でる。

 通称『感エロ』正式名称「感覚ピエロ」より略称ずっとエロい。

ポップでキャッチーでエロ

 このポップでキャッチーで王道なのにちょっと変化球投げてくるあたりが、とてもロックバンド入門には最適。

 例えば『O・P・P・A・I 』

 ワンナイトラブからのおっ〇いとかエロの直接表現が止まんねぇなおい。

 でもボーカルの甘さといい楽器隊と言いバンドとしてのクオリティは高いんだよなぁ。
 腹立つことに。

 割とイケメンだし。
 持たざる者は神が二物も三物も与えてるように見えると無性に腹が立つ物なのです。

 実際、ちょっとやそっとの練習量じゃ到底手に入れられないスキルレベルなんですけどね。

 ありそうでないぞこの・・・エロさ?

地上波層アーティスト

 2013年の結成から8個のタイアップを担当している。

1.「LET IT DIE -Wake up-」:映画『復讐したい』劇中歌
2.「拝啓、いつかの君へ」:日本テレビ系日曜ドラマ『ゆとりですがなにか』主題歌
3.「O・P・P・A・I」:日本テレビ系日曜ドラマ『ゆとりですがなにか』挿入歌
4.「ワンダーガール」:バンタンゲームアカデミー 2016 CMソング
5.「等身大アンバランス」:受験生応援プロジェクト「#がんばれ受験生」テーマソング
6.「疑問疑答」:映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』主題歌
7.「ハルカミライ」:テレビ東京系テレビアニメ『ブラッククローバー』第1クールオープニングテーマ
8.「夜のスピード」:映画『パンク侍、斬られて候』エンディングテーマ

 特に2018/6/30公開予定 綾野剛 北川景子主演の『パンク侍、斬られて候』のエンディングテーマ 最新曲
「夜のスピード」は予告編で約20秒だけ聴けるところによると珍しいバラードのようだ。

 超有名番組こそないものの、地上波層でこれだけタイアップ獲得しているのは珍しい。
 というか完全に昨今では邦ロックの顔の一つとして名を連ねている。

 これが普通に流行りもので食いつぶされないように保護したい。

 それでは!

おススメ音源

 2018年2月に初のフルアルバム「色色人色」を発表。
 新しいアプローチにトライしたり、従来のよさをズバッと出したり。
 その結果、感エロの「今やりたいこと」が13曲それぞれのカラーで出ている。

 特に M.2 Gimongitou はストレートなロックナンバーでおススメ。

Summary
感覚ピエロ
Article Name
感覚ピエロ
Description
ボーカルもセクシーっぽい甘ったるい声で、楽器隊もなんかオシャレなコードを織り交ぜてシンプルじゃないエロいビートを奏でる。 通称『感エロ』正式名称「感覚ピエロ」より略称ずっとエロい。
Author
関連記事

関連記事

楽器を買って音楽を始めよう!