世の中にはホンット色んな音楽があって、ボーカルがないと音楽聴けないなんて層が多数派なのはもちろん存じておりますが、歌なしは表現の幅が広いしリスナーの感じ方で色んな捉え方があるという魅力がある。

 そしてノイズ系というのも結構音楽として好きな人は好きだったりする。
 有名どころだと非常階段とかハナタラシとか灰野敬二というアーティストが有名だったりする。
 この域だと俺もまだ理解が追い付かない。
 気が向いたら検索してみて「これ・・・音楽・・・か・・・?」となってみるのも面白いかと。

 そしてアンビエント。直訳すると環境音楽。
 うーん、言葉にするのは難しいけどプラネタリウムとか癒し空間とか?で流れてそうな音楽。
 メロとサビみたいな抑揚がほとんどなく、ちょこっとの変化しかないが空間そのものを表現しているかのよう。

 そんなノイズとアンビエントを組み合わせてる感じのダークで美しくて儚いアーティスト。

matryoshka

 界隈では結構有名みたい。
 いろんなところで取り上げられていて後発の俺が語るのはすごく悩んだ。

 2006年、Sen(track maker)とCalu(vocal)によって結成。
 ノイズとアンビエントとコッソリボーカル。
 ノイズと聴くと「え?うるさいんでしょ?」となりそうだがそういうノイズではない。
 冒頭で述べたノイズロックとは一線を画す。

 つまり

 うん。そういうこと。

 ダークで、壮大で、儚くて、美しくて、悲しい。
 胸がギュッと締め付けられる曲。

 自分の存在意義に疑問を持っている人が聴いたらそのまま逝ってしまいそうな曲。
 あるインタビューでトラックメイカーのsenがこのように述べている。

 音楽って、楽しいときにも必要だとは思うんですけど、楽しいときになくていいんじゃないかって思うんですよ。
 楽しいときは「楽しい」で完結しているし、へこんでいるときとか、暗い気持ちのときにあったほうがいいなと思います。
 悲しいときはとことん悲しいほうに誘う感じですかね。
 音楽を聴いて、逆の方向に感情を持っていくというよりは、自分が向いている感情のほうへさらに誘っていく。
OTOTOY 口コミで驚異的な売上を記録したmatryoshka。2nd albumを配信開始!より抜粋

 ちょうどsyrup16gを聴き始めたときは同じことを考えながら聴いてたなぁ。

感じるままに。感じたままに。

 一般的に流行ってる、皆が求める音楽というのは明確なメッセージ性があって。
 応援歌だったりラブソングだったり情景を歌ったりしてそこに共感することで感動して好きになることが多いと思うが、matryoshkaみたいな音楽はその逆を行く。

 先ほどの『Monotonous Purgatory』もPVにストーリーがあって、歌詞も意味があるのだが、「こうしようよ」とか「こうしたら」といった「メッセージ」はない。

 美しい透明感溢れる声のボーカルは外せないところだが、そこの大きな意味はない。
 ある単一の世界であって、あなたが聴いて感じた世界がその曲の世界。

 ウィスパーボイスにピアノ・ノイズ。寄せては返す波。
 歌詞の意味わかんないのにグッとくる。
 有志が耳コピで歌詞聴きとってくれてるから参考にしてほしい。
 悲しいから。I am sane you’re insane!”
 

活動

 HP(http://www.matryoshka.jp/)にアクセスできたりできなかったりする。
 何かをまちがえているのか。前できたはずなんだよなー。

 LIVE情報とかあるなら載せたいのだが、今スグわかる情報としては次回作に意欲があるということくらい。

 謎に包まれ具合がいいのかもしれない(笑)昨今のバンドは全てを明かし過ぎだからな。
 ビレッジマンズストアもbasement-timesで手が届きすぎる距離だから売れないとか言われてたし。

 音とPVはとても荘厳で謎に包まれすぎている。

 とにかく美しい。悲しくなれる。俺は好き。
 聴き手に情景を押し付けない、想像させて聴き手の数だけ感じ方と意味がある感じ。
 アート性が高くて俺は好き。

 2007年の1stアルバム「zatracenie」2012年の2ndアルバム「Laideronnette」と複数のリミックスアルバムをリリースしている。
 次作はオリジナルなのだろうか。楽しみすぎて Monotonous Purgatoryで寝待ちしようと思います。

 それでは!

おススメ音源

 オリジナルアルバム2枚買っちゃいなよと思うけど、しいて言えば Monotonous Purgatoryが好きだから「世界一醜い女性の名」を命名したアルバ ム「Laideronnette」

口コミで広がり驚異的な売上を記録した1stアルバム「zatracenie」

Summary
matryoshka
Article Name
matryoshka
Description
ダークで、壮大で、儚くて、美しくて、悲しい。 ウィスパーボイスにピアノ・ノイズ。寄せては返す波。胸がギュッと締め付けられる曲。とにかく美しい。悲しくなれる。俺は好き。 聴き手に情景を押し付けない、想像させて聴き手の数だけ感じ方と意味がある感じ。 アート性が高くて俺は好き。
Author