2018年、日本人の平均寿命80歳over。

 一般的には早ければ1歳から遅くとも2歳から言葉を覚えはじめ「コミュニケーション能力」を強要される。

 もはや人類の生物の本能は、種の保存と繁栄じゃなくて「コミュニケーション」なんじゃないかと。

 そして歳を追うごとにモラルと空気を読むことを求められ、本音よりも耳ざわりの良い薄っぺらい「頑張れ頑張れできるできる絶対できる頑張れもっとやれるって」的な発言と社会規範を求められる。

 外面・内面・発言・行動・すべてにおいてである。

 生きにくい世の中ですねおはようございます。

 そんな「コミュニケーション社会」からの本音を赤裸々に綴って急上昇中のアーティスト。

 マジで押し殺された本音が支持されてる感じでマジでウケる。

 そのバンドとは



ミオヤマザキ

 mio(Vo.)、taka(G.)、Shunkichi(B.)、Hang-Chang(Dr.)からなる4ピースバンド。
 Vo.のmioによる、”男性は心拍数が上がり、女性は皆共感する”がコンセプト。

 アー写が眩暈sirenのそれと超似てる。多分同じメンヘラ枠。

 ミオヤマザキに初めて触れたのは2年前。
 結構話題になってたこの動画。

「バンドは永遠に続く訳じゃない。だからライブ行こう。CD買おう。」
その気持ちはわかるよ
でもさ、誰かの解散に託けて責任意識なんて課すなよ
そもそも”好き”で続けてるんだろ?
バンド

 痛い痛い痛い。耳痛い。

 マジパンチある曲。

 俺とか思いっきり会社員の働き盛りポジションと売れないバンドマンの2足のわらじ。

 俺ですら曲にめっちゃ言い訳しちゃう。世のステレオタイプバンドマンなんて発狂もんだろ。

 ミオヤマザキあまりにも本質すぎ。怖い。嫌い。

メンヘラ枠とかいわれちゃってるけど

 いや、冒頭の本音を出せない世の中で出せない本音をだだ漏れさせてるに過ぎないと思うのですよ。

 「私だって嫌われたくないし、ほんとはそう思うことだってあるけど、言えるわけないじゃん。」
 がめっちゃ曲になってる。

“さよなら”は引き止めてって
“大丈夫”はだいじょばなくて
“もういい”は全然よくなくて
そのままのワタシじゃダメなら

 2017/7にリリースしたこの「ノイズ」はiTunesロックチャートで1位を獲得。
 女、全員逆張りのコミュニケーション説。

 ミオヤマザキがメンヘラ枠なんじゃなくて恋する女全員メンヘラ説。

 んで何曲か聴いてるとミオヤマザキの高い甘ーい女声が唯一無二。
 そしてなぜ楽器隊のスキルが軒並み高いのか。
 もうバンドじゃないよ。スタジオミュージシャン~プロのサポートクラスですよ。

 最近バンドの楽器隊が巧すぎて技巧的な感動が得られない。良くも悪くも。

 そんなとこまでマジでイマドキ。ミオヤマザキ。

女全員メンヘラ説

 ロックバンドに限らず音楽のテーマって恋とか、人生哲学的なのとか、日常とか、感情とか恋とかを扱う事が多いんだけど、やっぱり恋愛依存症恋愛体質の女って多い。

 アラサーで思春期かよってゆー人も数多く見てきました。
 んでそういう人に限ってお相手の男性はマジかよというイケメン。

 マジかよティーンからアラサーまで?アラフォーまで?イケメン至上主義か。

ぶん殴るぞ。

 それはそうとミオヤマザキ。恋愛的女心を的確に突く。当然か。女だし。

 いや、待て刺すなwwwせっかくいい曲だったのにww
 そしてなぜマガジン入ってるしwww「お前ホント純粋だよなw」で済むかwww

 皆に好かれる男子には刺されても笑って許す器の広さがいるのだろうか・・・

でも

生きてりゃそりゃきっと
死にたくもなって
恋すりゃ病むし
散々落ちて
枯れるまで泣いたりする

 のくだりは同意。

 まぁ多かれ少なかれメンヘラちゃんな女の子たちも、陰なところをたまには漏らしたりしたいよねっていう。

 それでは!

おススメ音源

 2017年10月リリース2ndアルバム choice。
 同年4月の日比谷野外音楽堂のワンマンライブソールドアウトさせ、「summer sonic 2017」も経験した後のアルバムリリース。
 ミオヤマザキ、日本バンド界ランクイン宣言となるアルバム。

Summary
ミオヤマザキ
Article Name
ミオヤマザキ
Description
2017/7にリリースした「ノイズ」はiTunesロックチャートで1位を獲得。女、全員逆張りのコミュニケーション説。 ミオヤマザキがメンヘラ枠なんじゃなくて恋する女全員メンヘラ説。んで何曲か聴いてるとミオヤマザキの高い甘ーい女声が唯一無二。
Author
関連記事

関連記事

楽器を買って音楽を始めよう!