先に申し上げます。
 すいません。

 今回の記事は捨て記事です。

 人に理解される気がしない。

 でも100人いたら2人位好きになる人がいるかもしれない。

 俺は好きです。
 完全にハマりました。

 これを機にノイズミュージックの道に走りそうです。

 ちなみに名前もすごく悪いけどウイルスはありません。
 音源もちゃんとウイルスはありませんでした。今回もyoutubeなので視聴は安心です。

 AKBと嵐を聴いて育った中学生が、ワンオク位は知ってたけど、ロックなんてうるさいだけで何がいいのかわからないとか言ってた中学生が
 NIRVANAを聴いて衝撃を受けてロックに走る位の衝撃。

 今まで聴けなかったノイズミュージックを洗い直すレベル。
 THIS HEATがポップに聴こえるから困る。
 にせんねんもんだいってガールズバンド見つけました。

 今回のはどんなアーティストかというと、完全にぶっ壊れてる。

 イメージとしては

 暗い廃墟の中で、過度のストレスで頭が焼き切れて、ずっとニタニタしてる。
 頭の中はノイズで満ちた白黒の風景。
 母の愛も、楽しかったはずの生活もただの事象であり、感情の伴わない景色と化す。
 現実と虚構の区別はつかず、希望などとうの昔に溶け、思考は朽ち果てている。
 唯一残った「感情」は世界への憎悪と呪い。
 しかしそれすらも薄く、根底にうっすら張られた、あるかないかわからない程度の意識。

 これまで私はこのような絶望に満ち満ちたアーティストを見たことがない。
 これを音楽?音源にできたことそのものが称賛に値する。

 人によっては悲しみで泣いてしまうかもしれない。
 人によってはイメージがなだれ込みすぎて死のイメージが湧いてしまうかもしれない。
 少なくとも嬉しくなったり楽しくなることはないだろう。

 それでも良ければ、正直おススメです。
 こんなに凄まじい表現力の音源を聴いたことがない。

 そんな意味で閲覧注意ですが、音源も限定公開にしたため、ここでしか聴けないどうぞ。



山田オルタナティブ

 私がドラムを務めるDUCT TAPE(旧ABALONE APES)のボーカルが名古屋のあるレコード店で見つけた2枚の音源。
 ジャケットと絵で感じるものがあり、購入すべくレジで出すと「鼻で笑われた」という。
 その上「悪い人になりたくないのでお金はいりません」と言われたそうだ。

 だが、ボーカルも俺も衝撃を受けた。
 一言で言うと、ヒーリングミュージックみたいな「歌なし」環境音。アンビエント。
 ホラーゲームで出てきそう。

 でもそんな生易しくないのが事実。音量大でイヤホンで聴くのがおススメ。
 一音たりとも聞き逃してはならない。10分超の大作だが、飛ばしてはならない。
 飛ばすと一気に陳腐化する。

 いかがだろうか。ザラザラした世界。生死の区別もつかないような・・・
 ただただ不気味。
 狂気性。

 「わけわからん」と切り捨てるのは簡単だ。少し前の俺でも同じようにそうしただろう。
 ただの中二病と言えるかもしれない。

 だが表面上の中二病がここまで深い闇まで到達できる?
 言葉にしづらい何かが、音を止めるのを拒む。
 え?ほんとにこのまま?と思った頃に、場面は変わり背筋を凍らせる。

活動不明・生死不明。

 ググっても出てこない。
 myspaceは登録が残ってても音が聴けない。
 youtubeに1曲だけあったけど、視聴回数も少なく、どっかから連れてきた子供に朗読させているような・・・

 謎に包まれたアーティストといえば聞こえはいいが、精力的に活動していたわけでもないんだろう。
 
 そもそもこの世界観の人がライブハウスに出たり、myspce登録したり、まともな社会生活を送れている事が驚き。

 何を考えながらこんな音を作ったんだろう。どんな世界で生きてきたらこんなイメージが湧くんだろう。
 先天性じゃなければ神に触れたんだろう。
 山田オルタナティブを聴いてからambient musicで色々探し回ったけど、これを超える世界は見つけれなかった。

 以前ボーカルにTHIS HEATを勧められて聴いたときは到底受け入れられなかったが、今ではTHIS HEATがポップに聴こえるし普通に聴ける。

 これだけの世界を作った「山田オルタナティブ」を知っている人がいたら是非教えてほしい。
 人柄とか性格とか、まともなのか、そうじゃないのか。

 myspaceは山田オルタナティブを詩・イラスト・写真のOKASHOWをコメントしたが返信もない。
  
 唯一と言っていいほどの手がかりはアイキャッチ画像(男女?)と山田オルタナティブ本人と思われるyoutubeのアップロード動画

 無の哲学・虚構と虚無に並々ならぬ興味と表現が読み取れる。

ここかしこに闇

 おめでとうございます。

 ここまで2曲の狂気をくぐり抜けてきたあなたは2作目の「中村」を聴く権利があります。
 きっと聴けます。

 カモラのうたよりずっと ここかしこに闇

 日常は絶対ないので虚構でいっぱいにしてほしい
 の 頭をのぞいたら  それは理性が溶けてしないです。

 頭の壊れとしての、有るもの
 
 カモラのうたで理性的な な  に
 かがが霞む中  で

 中村で腐った 輪郭ができません

関連記事

関連記事

楽器を買って音楽を始めよう!