前回超王道ガールズロックユニットyonigeを紹介した訳だが

 王道っていいよね。安心感を持って聴けて耳触りがいい。
 yonige位ちょっとロックテイストがあるとオリジナリティもあるし。

 でもそればっかりじゃやっぱ辛い。
 やっぱいろんなジャンルの色んなアーティストを聴きたい。
 
 最近流行りで自分が好きなラウドだったり、昔から好きなsyrup16gみたいなダウナーだったり

 多くのバンドマンは自分のオリジナリティを出すために苦心している。
 色んな音楽を研究して自分なりに昇華して楽曲制作に日々取り組んでいる。だからよっぽど意識しない限り、影響を受けたアーティストはいても、リスナー的に割と「めっちゃ○○っぽい!」みたいな感情はリスナーに起こりにくい。

 だが今回、めっちゃミッシェルっぽい!と思ってしまったアーティストを紹介したい。
 その昔爆発的に売れた「伝説のバンドっぽい!」という表現がいいのか悪いのかはわからないが、私はとても好きなので皆様にも知ってもらいたい
 
 それが



THE PINBALLS

 2006年結成のガレージロックバンド。ガレージってなんぞやって方も多いだろうが、THEE MICHELLE GUN ELEPHANTとかギターウルフとかTHE PINBALLSみたいな音楽。
 しゃがれ声で絶叫する感じ??ギター歪ませて掻き鳴らす感じ??ウラでスチャスチャカッティングする感じ??すげー乱暴だけどそんな音楽。
 ミッシェルが好きな僕は一気にPINBALLSの餌食になった。ファンになったんじゃない。餌食になった。完全に喰われた。そしてその俺を喰った曲がこれ。

絶叫するサビの

 暗い森の向こう 這い回って
かぎ回って 足跡は ぞろ ぞろ ぞろ
振り乱して 踏みならして
暗闇に紛れ込んでいよう

 もう気持ちが男らしくなっちゃう。超ロック。
 
 泥臭いロックもあるのになぜかスタイリッシュ。いや、見た目じゃなくて。コード感のオシャレさというか。全然音楽理論はわかんないけどガリガリいわせ過ぎないガレージ。新しい。
 
 ガレージってだけでステレオタイプに「あぁ、あんなのか」と素通りしちゃダメ。この「冬のハンター」だけでもただのガレージロックバンドではないとわかってもらえると思う。

ガレージバンド

 「ガレージガレージいうけど車庫かよ。THEE ミッシェルなんたらがどないなもんやねん」と言われそうなので一応補足しておこう。

 だって、バンドマンですらミッシェルが通じないことが多かったことに少なからずショックを受けている。
 そりゃ僕の周り僕より6個とか7個とか下の20代かもしんないけどミッシェルを避けてバンド人生歩んでこれた皆が怖い。

 ミッシェルガンエレファント。伝説のバンド。どのくらい伝説かっていうと
 何かわかんないや。NUMBER GIRL??BLUE HEARTS??イエモン??

 脂乗りまくりの98年。このLIVE。

 何度も中断されるLIVE。続々と運び出される人。売れたとこ売れなかったとか超越して熱狂具合が伝わると思う。

 個人的に何百人に気に入ってもらえなくても、数人~数十人の熱狂的なファンが欲しいなと思う今日この頃。バンドマンDr’OSAPとして、今建設中のABALONE APESのファンがね。

 しかしシーンを作ったミッシェルもすごいのだが、PINBALLSと聴き比べてほしい。PINBALLSの方がずっとスタイリッシュで聴きやすい。
 ミッシェルの方が泥臭い。どっちがいいとかではないのだ。どちらも良くてどちらもかっこいい。

 男の子の気持ちになっちゃう。これ笑うとこ。

書き足りない~音楽への向き合い方

 ちょっとPINBALLSの事書いて、ガレージロックの説明かいたら1300文字オーバー。もう終わっちゃうじゃん。
 PINBALLSは第二弾確定だな。

 音楽への向き合い方も共感でき過ぎる。

古川 確かに。でも先輩たちにはそういった人がけっこういるのに、最近は刀を持たないアーティストが増えてる気がするんですよ。
──刀、ですか?
古川 はい。最近はマシンガンを連発したり核爆弾を爆発させたりする手法が増えていて、侍みたいに刀1本で勝負する人が減ったなと。

古川 まさしく。僕は侍になりたいし、切れ味の鋭い刀を手に入れたいんです。さっきも言ったように「まぬけなドンキー」って曲の歌詞はかなり切れ味鋭い気がするけど、まだちょっと鈍らなんですよね。「冬のハンター」もかなりいい感じだと思うけど、まだまだ全然切れ味が悪いし。今後はもっとこの刀を磨いていって、さらに切れ味鋭い刀を持った侍になりたいと思ってます。
音楽ナタリー 初フルアルバムで「現代の侍」目指すより抜粋

 上述のナタリーの記事が2014年。そこから2年。昨年の2016年に発表したMVがこちら。

 オシャレだ・・・なのにキッチリ男の気持ちにさせてくれる。心からロックンロール。
 最初「あれ??歌上手くなって絶叫減ったか?」と思いきや、同じサビでも少しずつ魂の絶叫になっている気がする。
 自分補正かもしんないけど。
 イントロから香るオシャレなリフ。もうどこを取ってもカッコいい。全身全霊がヘヴィになる。

 引用も使ってるけど久々に2000字overの記事書いたな。
 こんだけ書いといて実は「片目のウイリー」と冒頭の「冬のハンター」が最強です。
 とにかくyoutube聴いて、良ければMV聴きまくってLIVE行ったり1st full ALBUM買ったりしてください。

 それでは!

関連記事

関連記事

楽器を買って音楽を始めよう!