大人気のエルレ祭りトリはやっぱり細美ネタ。

12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
私より熱烈に詳細に「いかにエルレが最高か」を語っているサイトが後を絶たない。
しかし、ELLEGARDENはそれぞれのメンバーが現在参加するバンドが
またしても日本ロック界にとって重要なバンドばかりなのでそのレビューをする前段階として、はじまりのELLEGARDENを紹介しておかねばならない。

 ELLEGARDEN(2008年活動休止)のボーカルの細美武士。
 2015年に始まった新プロジェクト。
 本来細美のソロプロジェクトのつもりだったという。

 結局ここでもギターボーカルしている。
 根っからのギターボーカルだし表現者だし楽曲があふれ出すぎて止まらないんだろうな。

 今回の記事は引用多め。てゆーか引用多すぎて超長文。
 それだけ想いがカッコよすぎる。
 正直全文読んでほしい位。
Rolling Stone MONOEYESインタヴュー:「クズにはクズにしかわかんねえ言葉がある」http://rollingstonejapan.com/articles/detail/25423/1/1/1
でわでわはじまりはじまり。



MONOEYES

2015年 6月 1st EP発売
2015年 7月 1st アルバム発売
2016年 3月 ツアーDVD発売
2016年10月 2nd EP発売
2017年 7月 2nd アルバム発売
どうよこのハイペース。
先に紹介したHIATUSも同時進行しながらの作品発表頻度。
役割・ジャンル・楽曲が全然違うとはいえ、超ハイペース。
そしてみんな大好きロックンロール。

HIATUSが合わなかった皆も楽しめるね!やったね!

12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
柏倉さんのドラムが複雑怪奇、ドラムが熱唱しすぎてノれない人多発。
 その位ドラムはスポットが当たらないのに最重要パートなのだ。
 ELLEでは聴くことがなかったキーボード。

結成秘話

MONOEYESができたのには、2つの理由があって。
ひとつは、15年近く、バンドでメロディと歌詞を書いてきたけど、
ひとりで燃え尽きるほど懇々と自分を追い込んで、自分の限界を超えたい、
飛べそうにない高さのハードルをもう一回飛び越えたいって思ってて。

自分の最高到達点をどこかで作っておきたいっていう個人的な思いがあって、
ひとりで曲を書きたかった。だから、誰の力も借りられないところで一から作りたかったのね。

もうひとつの理由は、東北へいつも弾き語りでいくわけじゃん。
その時に、例えば誰かが怪我をしちゃって、仲間のバンドのライヴが飛んだ時とかでも
『俺ら代わりに行くから大丈夫!』って言えるような、フットワークの軽いバンドが欲しいって、
ずっと思ってたんだよ。それが合体してMONOEYESが生まれたの。
Rolling Stone MONOEYESインタヴュー:「クズにはクズにしかわかんねえ言葉がある」より抜粋

 バンドってやっぱりいいよなぁ。
 自分への挑戦・仲間との音の対話・そして何より広がる輪。広がる和。

 ちなみにMONOEYESの由来は気付いてる人も多いかもだけどジオン軍モビルスーツリスペクトだよ。
 それぞれの正義。単純に子供からの憧れだそうで。

 

それはいいけど曲はどうなんだよ。

先ほどの【Get up】もいいんだけどこの【My Instant Song】いいよね。
一緒に跳ぼう。

When it feels as if all’s lost
When it feels too hard to hold
When it feels I’m in the dark
Just sing a song
My instant song

無理くり和訳
全部なくして
そのままじゃ辛くてさ
暗闇にいるみたいだったら
歌えよ。
お前の思うままの歌を

 文法とか意訳だからこまけぇこたぁいいんだよ。
 歌えば、笑えば、泣けば、ちょっとは救われるんだよ。

 間違いねぇ。

 一生幸せを感じながら一生を終える人などいないのですよ。
 そこで元気つけてくれたり寄り添ってくれたりしたら救いなのですよそれが音楽。

 話が逸れた。

 すごいストレートなロックだよね。
 まぁ細美が歌うからどうしてもエルレに近く聴こえるんだけど、エルレとはまた別のロック。

結構いろんなアプローチがある

 結局音圧戦争世代(?)の僕たちはサビでドーン大好き。
 なのでRun Runも大好き。

 展開がわかりやすくてブチ上がる楽しさ。
サビ。

 My instant Songが跳びたくなるならこのRun Runは一緒に叫びたくなる。
 明るい・ヘヴィ結構いろんなアプローチがあって聴き飽きない。

MONOEYESは結局何を言いたいのか

Vo’細美「最初、レーベルの人が「CDのパッケージに各メンバーの名前を入れたい」って言ってたんだけど、俺はそんなの最高にダセえと思って。それが誰だろうが、過去に何をやってようが、出た音がかっこいいかどうかだけじゃん。それ以外の部分なんて、何の意味もない。」

Dr’一瀬「それはそれでひとつの救いだからね、クズに対しての。クズにもできることがある。だから聴いた人たちが、「俺にも頑張れることがあるんだな」とか思って、勇気をもらったりしてくれたら、+αでいいよね。」
Rolling Stone MONOEYESインタヴュー:「クズにはクズにしかわかんねえ言葉がある」より抜粋

 私もわかりやすくエルレの~のバンドとか言って4記事も作ったけど、結局別のバンドだしやってるジャンルも違うし。
 それぞれが今「本当におもしろいバンド」で「本当におもしろい音」を鳴らしてるんだからそれでいいと思うのですよ。

 私が何を言いたいのかって結局食わず嫌いせずに食べてみろ。食べてダメならダメなんだから。
 音楽なんてそれが食べれなくても誰も何も困らねぇよ。
 でもそれが面白くてカッコよくておいしければ君の財産。
 だから聴け。聴いてカッコよければ音源買ったりライブ行ったりしたらまた楽しいよ!

それでは!

おススメ音源

関連記事

関連記事

楽器を買って音楽を始めよう!