このブログのアーティスト紹介順は実は決まってなくて、記事の更新と同時位から考え始める。
 できるだけ幅広いアーティストを紹介したいから、できるだけ固まらないようにしようと思って、なんか記事を更新したら次の記事は全く違うジャンルにするのが基本スタンス。

 前回のspangle call lili Lineを書きながら思ったのだが、ロック界女性率超増えたよね。

 んでもってロックでも美人率高いし、皆美人好きだよね。今や男が美人好きは当たり前で女も美人が好きと言ってはばからない。
 その結果がこれ。

 トップがモデル界出身SIRENT SIREN。
 その他にもトップページを除いた記事トップ10中5つが女子がいるバンド。眩暈siren顔わからんけど(笑)声はモロ愁いを帯びた美人声。
 地味にDANI CICHY 3位じゃねぇか・・・あいつら人気あるんだな。

 女子率も増えたしオシャレ・高テクニックバンド超増えた。
 90年代後半・00年代のロックシーンを牽引したような硬派なバンドは流行らず、イケメン美女がこれでもかといわんばかりのテクニック振り回して意識高い系のオシャレ女子にアプローチするバンドが絶賛流行中。

 ってな訳で今回は時代を逆行して硬派なバンド。硬派じゃなくなっちゃったけど。



lostprophets

 イギリス ウェールズで1997年結成2013年解散。
 ストレートエッジのメタルバンドを名乗りデビュー。

ストレートエッジ
 「喫煙しない」「麻薬を使用しない」「アルコールを摂取しない」「快楽目的のみのセックスをしない」というのが基本的な理念。それまでのロックの価値観であった「セックス、ドラッグ、ロックンロール」という享楽的な生き方に対するアンチテーゼと捉えられている。
 さらに進んで「菜食主義」「カフェインを摂取しない」「医師から処方されたものも含め、いかなる薬物も使用しない」という者もいる。
wikipedeiaより抜粋

 日本でもかなり流行ったと思うのだが当時の熱量はググっても調べられなかった。流行らなかった?流行ったこと自体がオサピーの記憶の改ざん・気のせいかな?

 しかしこの「last train home」は少なくとも自分にはすごく衝撃的な出会いだった。
 めっちゃくちゃカッコよかった。2004年、全英4位を記録した2ndアルバム【Start Something】より

 イントロのカウントからしてもう。楽曲のクオリティは最初のカウントで決まるとかの村上ポンタ秀一さんも仰っているが、カウントがかっこいい。

 しかもサビの「But we Siiiiiing!!!」危ない危ない。0時超えてるのに叫びそうになった。

 最初のサビの締めは「To 【ever】 fall in love」(恋に落ちるまでずっと)なのに最後のサビは「To never fall in love again」(恋に落ちなくなるまでずっと )なんですよ。

 言葉運びが素敵。

 洋楽の言葉遊びって1文字加えるだけで真逆の意味になったり面白いっすね。
 日本語もたいがい美しすぎるけど。

全英1位

 2006年。全英4位を記録した2ndアルバムに続き3rdアルバムがなんと全英1位を記録。
 まぁ規模がデカすぎてピンとこないっすよね。全英何位とか。
 そんな3rdアルバム「Liberation Transmission」から

 先のlast train homeから一気に金かかったPVになって、髪が伸びてイケメン度が増した。
 UKバンドってムダにイケメンに見える。外人ってかっこいい。ないものねだり。

 ちなみにこの曲のBメロが秀逸で「Will we make a mark,This time??Will we always say we tried(俺たちは刻めたのか??いつだってトライしたって言いきれるのか?)」この一文で僕はノックアウトです。

 サビだっていいぞ。「standing on the rooftop. Everybody scream heart out。(皆、屋上に立って思いの丈を吐き出せ)」

 言ってやる。「顔もカッコいいし。スタイルいいし。音だってラウダ―でカッコいい。 ずるい!」

お決まりの最後の曲

 ライブでは決まってこの曲をラストに持ってきていたらしい。
 一緒に「Burn,Burn」叫ぼう。最後は一緒に「For us , For them , For you」叫ぼう。

 そりゃ上がるわ。

解散

 2013年、当時ファンだった人たちには解散に至る経緯はかなりの衝撃だった。
 
 あまり知らない人はそんな影響力あるバンドだったんだー位で気にしない。気にしたら負け。
 調べようもんなら楽曲まで聴けなくなる。その位の衝撃事件だった。
 
 なので深く調べず、気に入ってもらえたらDVD見て幸せになってほしい。

 それでは!

おススメ音源


関連記事

関連記事

楽器を買って音楽を始めよう!