私の周りでは古き良きロックが多く残っている。
例えば以前取り上げた私もがっつり関係者となっていたDANI CICHYとか70年代・80年代の流れを汲んでるし。

古すぎて逆に新しい DANI CICHY | バンドサウンド特化型音楽レビューO.S.A.P.

一般的には古臭くダサく映りがちだが,むしろ古すぎると逆に新しく、カッコよく感じてしまう。

こちらもガッツリ関係者だった日高屋とか完全に昭和歌謡だし。
私がよく出演しているMOAFの前代表のバンドもアジカン。10年以上前からの名曲を多く演奏している。

現在私が参加するABALONE APESも実は70年代のpsychedelic・ポストパンクに影響を受けていたりするらしい(こちらは不勉強で解説不能)

音楽である以上、先駆者に何かの影響を色濃く受けていることは当然ではあるのだが、古臭さを感じる楽曲もあれば、何十年聴かれても古臭さよりヴィンテージ感を感じさせてくれる、むしろ新しさを感じさせてくれる楽曲もある。

そう。古き良きロックは色褪せずただそこに在り続けるのだ。そして絶対に廃れない。

私の友人にちょうど古き良きロックを守るアーティストがいる。

それが



cloverleaf

直訳:クローバーの葉。なんか優しそう。平和っぽい。
名前だけ聴いたら当たり障りないポップバンドかと思うが

とんでもない

まったく当たり障りなく 「ない」

【個性しかない】

どういうことかというと

ギターリフ。ファンキーすぎるギターリフ。ドラムカウントからのベースリフ。そしてボーカルの歌唱力。
何系って言えばいいのかわかんないけど複雑にからみあう楽器隊とボーカル。ファンキーでレトロ感。否、ヴィンテージ感。ギターソロが必聴。

なんで俺ギターゴリ押ししてんだろ。決して見た目が怖いからじゃありません。
初めて見たときの転換中に背が高く、低く構えたレスポールを見た瞬間「あぁ、絶対メロコア始まるわ。怖そうだし。」と思ったらそんな曲はじまるから、超ギャップ萌えだった。

でも怖いのでいつか頑張って話しかけに行きます。他のメンバーとはよく話すけどあまり話せてない。いけませんね。外見で判断しては。

「でもやっぱ怖えよ。」からの「でも話すといい人」を毎回繰り返してる僕です。
この記事見ても仲良くしてください。本音しか書いてません。

全体的なまとまり感はあるのだがどうしてもギターに耳がいってしまう。それだけ存在感と方向性を左右するギター。

レトロ感

古くは80年代~90年代を感じさせるサウンド。そもそもこの時点で20~30年前。
オギャーと生まれた赤ちゃんが成人したり結婚しちゃったりする位の年月感。

当時の音源を今聴くと古臭さを感じることもあるが彼らの場合、影響こそあれど現代のエッセンスで昇華させてるから【いぶし銀のヴィンテージ感】こそあれど、古臭さは全くない。

それもそのはず。ボーカルは90年代のエアロスミスやGuns n’ roses好きを公言しており、ギターは往年のMr’BIG,1980年代のRandy Rhoads好きを公言している。

ボーカルの通る声はここら辺のアーティストからの影響を色濃く受けているようにも思える。

壮大感

cloverleafとして多くの楽曲がyoutubeで見ることができる。
そのなかでもっとも再生数のあるこの動画

完全にcloverleafのキラーチューン。てゆーか客多いな。人気バンドか。
どの曲聴いても雰囲気あるけどこの曲は頭一つ抜きんでている。

聴いてよし、キャッチーで覚えやすく、一緒に歌ってよし。1曲の間の展開の多さで全く飽きさせないのも魅力。

ライブ

2017/4 ビュッフェボウル@DAY TRIVE
2017/6 日高屋主催売名のない音楽会@アランプーサン
2017/7 BIG★BOMBERS(S)主催  超人オリンピック@DAY TRIVE
2017/8 安城七夕まつり・知立ロックフェスティバルで1日2公演行い

2017/9/3 大サラダボウル
社会人バンドなのにライブバンドです。本当にありがとうございます。

今回はあえてyoutube率を減らした。なぜなら是非9/3の大サラダボウルで生の彼らに触れてほしい。
だが是非be allrightを一緒に歌ってほしい。きっと今回もラストに持ってくるはず。

 そして大サラダボウルは9/3だけでも18バンドを楽しむことができて2,500円。

安いし。サーキットフェスだし。絶対楽しいし。

彼らの次回ライブは9/3の大サラダボウル!
9/3(日)の15:30~の出演予定!
見逃すと損するぞ!

それでは!

関連記事

関連記事

楽器を買って音楽を始めよう!