2045年にはシンギュラリティでAIが人間を追い越すと話題です。
 実際テクノロジーは毎年のようにイノベーション、所謂技術革新が起こってワクワクする。

 例えば、次世代高速通信規格「5G」も1年前倒しの2019年商用化が濃厚。来年だよと。

 通信速度LTEの1000倍、遅延1msecで遠隔手術とか遠隔運転とか平方キロあたり端末100万台の多数同時接続できるんだって。

 
 ほとんどSFが目の前。

 じゃあ音楽においてのイノベーションとはなんだろうか。
 どのジャンルにも当てはまらない、いわゆる「オルタナティブ」バンドにフォロワーバンドが多数現れて一大「ジャンル」を築くことではないだろうか。

 今回のレビューはそんな一大ジャンルを築いた偉大なバンド



Saosin

 昨今の日本での「ラウドロック」ブームは目を見張るものがあるが、近い世界観で「スクリーモ」が一部で音楽シーンとして台頭していた。

 その「スクリーモ」の火付け役として名高いのがSaosin。『サオシン』じゃないよ。『セイオシン』だよ。
 ONIORNは『オニオン』じゃなくて『オニオーン』だよ位の違い。

 スクリーモの定義自体はGravity Recordsというレーベルがこのジャンルの演奏スタイルでスクリーモを定義付けたとのことだが、なぜか日本ではセイオシンがスクリーモ代表として名高い。

 さてさて、セイオシンが扉を開けたスクリーモとはこんな曲。

 静かに始まるイントロからAメロ、サビでドーンと重厚なサウンドがきてクリアなボーカルと『without you!』のとことかで叫ぶコーラスが特徴。
 この静と動と感情的なボーカルと叫ぶコーラス。エモ+スクリーム=スクリーモと呼ばれた。

 後のStory of the yearとか日本だとcrossfaithとかがスクリーモ枠にくくられる。

 俺が愛してやまない系の音楽。

seven years

 先ほどの動画は2007年のLIVEの模様。2004-2010にボーカルを務めたCove Reber の時代。
 Saosin自体は2003年に結成されたバンドでseven yearsもAnthony Greenがボーカルで2003年リリースのTranslating the Nameのリードトラック。

 つまりSaosinの代表曲ともいえる先ほどの【seven years】をはじめ、人気が火が付いた時のバンドの顔、ボーカルはAnthony Greenだった。

 そして2010年にCoveも脱退。バンドは活動休止を余儀なくされるが、
 2016年、まさかのAnthony Greenを再びバンドに迎え、復活。

 お時間があれば冒頭のseven yearsのオリジナルPV版=Anthony Greenがボーカル版と聴き比べてもらえばと思うが、パワーアップして帰ってきた感ある。

 イイ感じに楽器隊の重厚さとボーカルが分離してお互いの存在感が高まっている。

 つまり素晴らしい。

今何してるの?

 2016年、Anthonyの13年ぶりの復帰とそれに伴う7年ぶりのSaosin復活に湧いた日本だが、2018年も4ヶ月も過ぎて今Saosinが何してるのかというと

 全然わからん。

 海外の公式HPを見ても2016年の【Along the Shadow】から変化なし。
 Tourも今してないみたいだし、ライブ情報すら載っていない。

 強いて言えばAnthonyが4/25の海外記事

The guys in Saosin are all busy, all working – they have full-time work away from the band.

 と語っている。まさかの社会人バンド、Saosin。
 が、twitterを観る限り時々LIVEしているらしい。ちょっと安心。

 そして実はボーカルのAnthonyは『Circa Survive』という別のオルタナバンドを組んでいて、今ツアー真っ最中で9月まで忙しいらしい。

 これが終わればSaosinの番かな?

 30代のおっちゃんにはなったがSaosinのガツンとくるスクリーモを復活記念アルバム【Along the Shadow】で予習しながら首を長くしながら待ちましょう。

 それでは!

おススメ音源

 アンソニーの復活音源【Along the Shadow】もいいけど、やっぱり初期アルバム【Translating the Name】ですよね!

Summary
Saosin
Article Name
Saosin
Description
2010年にCoveも脱退。バンドは活動休止を余儀なくされるが、 2016年、まさかのAnthony Greenを再びバンドに迎え、復活。 イイ感じに楽器隊の重厚さとボーカルが分離してお互いの存在感が高まっている。 つまり素晴らしい。
Author
関連記事

関連記事

楽器を買って音楽を始めよう!