隔日更新を目標にしているこのブログですが、多忙につき1週間ぶりの投稿となりました。
 気付くとソファで寝落ちしている日々。
 奮発して買ったベッドが大好きな私としてはベッドで寝れる時間が少なくなってとてもショックだったりする。

 そんな訳で仕事とDUCT TAPEに注力してたらこちらまで手が回らなかったという。
 いつも見に来てくれてる皆様方ありがとうございます。

 久々の更新です。
 そして割とコアな?バンドやドラマーが続いたので、久々のメジャー枠。



SIX LOUNGE

 そう。既にめっちゃ売れてるけど、2016年から既に頭角を現し、2018年のVIVALA ROCKではLOW IQ 01を差し置いてCAVE STEGEトリ前。
 2017年にはROCK IN JAPANフェスや京都大作戦と大型フェスにも出演し、渋谷クアトロワンマンソールドと。

 駆け足すぎる。
 そんなSIX LOUNGEの代表作と言えばこれ。

 ほんとかな?
 嘘です。きっと記事末の方の「メリールー」だと思うけど、こちらの方が俺にとって「SIX LOUNGEってこんなバンド」

 王道ロック。ポップロックというより、シンプルに「ロック」って感じの楽曲。
 どこかで聴いたことのあるようなギターのメロディとコード。
 歌い上げる上手すぎず下手すぎないカラオケで男子高生皆が歌えそうなボーカル。
 ちょっと荒っぽさ。

 きっと昨今のバンドは巧すぎてテクに寄りすぎてライト層には理解しきれないところがあったのではないだろうか。
 シンプルイズベスト。ロックなのに聴きやすさMAX。
 聴きやすいのに何回聴いても飽きさせない新基軸。

大分発の日本語ロックンロール・バンド

 この言葉、彼らSIX LOUNGEのホームページ BIOGRAPHYページの最初の言葉。
 日本語ロックンロール。
 小難しい言葉もなく、無理に想像させる抽象的な表現もなく、ただ「日本語ロックンロール」

 言葉までめちゃめちゃわかりやすい。
 ギターボーカル・ベース・ドラムの3ピースというバンドとしての最小構成。
 アニソンにできそうなほどのキャッチーなメロディ。

 16歳の高校生の意識を持ちながら22歳になるまでロックを噛み砕いてきましたみたいな。
 2012年の結成で大分ロックンロールハイスクールvol.6 vol.7共にグランプリ獲得、歴代初二連覇を達成
オーディエンス賞を獲得。

 この直球さはこの情報化社会で廃れたかと思われた矢先に現れた王道の新星。

 でもこんなオシャレな曲も作れちゃう。

 フルLIVE見たらこんな音楽の振り幅にヤラれてしまうんだろうか。
 オシャレな王道ロックンロール。
 わかります?王道ロックンロールなのにオシャレさを感じさせてしまう才能。

 【俺のロックンロール】みたいなのばっかだったら寝る自信があるが、こんなの放り込まれたら「え、これ同じバンド?」って目が覚める。

頭角

 クオリティが高いバンドは見逃されないのだ。
 前述のとおり2012年の結成当初から注目されていたのかもしれないが、2016年から様相が変わってくる。

 COMIN’KOBE 16 、FUJI ROCK FESTIVAL ’16 ROOKIE A GO-GO 出演ときて、basement-timesにも取り上げられ、事実上売れっ子バンドの仲間入りを果たした。

 『WANDS』と『初めてのチュウ』を足して2で割ってロックンロールをちょこっと入れたみたいな。
 決して激しくないロックなのになんかロックンロール。

 王道でポップでロックンロール。

 SIX LOUNGEは2018年もくるし、ロックを聴き始めたキッズの入門に「今時ロックンロール」というジャンル。

 おススメ。

 それでは!

おススメ音源

 My Hair is Badを輩出したレーベル”THE NINTH APOLLO”からるSIX LOUNGEとircleがスプリットCDをリリース!

地獄盤

地獄盤

ircle×SIX LOUNGE
994円(05/13 08:40時点)
Amazonの情報を掲載しています

“UNIVERSAL MUSIC”に籍を移したSIX LOUNGE。移籍第1作目であるミニ・アルバム『夢うつつ』が4月25日にリリースされる。
 執筆当時のメジャー一発目にして最新アルバムである。

 あと3日、staytune!

夢うつつ(初回限定盤)(DVD付)

夢うつつ(初回限定盤)(DVD付)

SIX LOUNGE
2,573円(05/13 21:06時点)
Amazonの情報を掲載しています
Summary
SIX LOUNGE
Article Name
SIX LOUNGE
Description
王道ロック。ポップロックというより、シンプルに「ロック」って感じの楽曲。 どこかで聴いたことのあるようなギターのメロディとコード。 歌い上げる上手すぎず下手すぎないカラオケで男子高生皆が歌えそうなボーカル。 ちょっと荒っぽさ。 きっと昨今のバンドは巧すぎてテクに寄りすぎてライト層には理解しきれないところがあったのではないだろうか。  シンプルイズベスト。ロックなのに聴きやすさMAX。
Author
関連記事

関連記事

楽器を買って音楽を始めよう!