『おもしろバンド』すなわち『コミックバンド』
 音楽を手段として笑いを目的とする。
 
 今まさにコミックバンドブームだと思うのですよ。
 ちょっと前ならゴールデンボンバーとか

 今なら打首獄門同好会とか

 先月取り上げたオメでたい頭でなによりとか

 コミックバンドかどうかは知らないがヤバTとか。

 サウンドはまじめで歌詞や展開がおもしろ。
 interestingじゃなくfunny。
 
 funnyといえば明日12/31はガキ使の笑ってはいけないアメリカンポリスですね。
 盛大に笑いたいが若干マンネリ感。

 話はそれたが、打首やオメでたが売れて今回のバンドも頭角を現している現在。
 今間違いなくコミックバンドブームだと思われる。

 今回紹介するのは上記2バンドと同じくサウンドはまじめだが
 それ以上に歌詞にもまじめでLIVEもエンタメに激振りしているような、そんなバンド。



四星球

 徳島県のとある教育大学で結成された4人組バンド。
 バンド名はドラゴンボールの第1話に由来する。
 むしろこのバンド名。それ以外考えようがないよね。
 
 ドラゴンボール(悟空子供時代)を知らない人のために一応、お伝えしておくと「スーシンチュウ」と読みます。

 そんな彼らの楽曲といえば。自らをコミックバンドと名乗るゆえんのこの曲。

 めっちゃまじめに笑わせにかかってくる。
 
 いや、だからといってのっけから言ってる「ドリフターズで大人になったはず」は否定させていただこうww
 確かに過去にドリフターズは流行ったし時代のシーンを担っていたかもしれんけどww
 
 でも笑ったときに目尻にしわが寄る女性は好き。

 なんの話だ。

 コミックバンドで笑顔になって元気になってほしいが詰まった曲。

泣けるコミックバンド

 ライブでは一年中はっぴに白のブリーフ姿で登場し、色んな想いをポジティブに笑い飛ばす『日本一泣けるコミックバンド』
 
 それこそ四星球。はっぴにふんどしじゃなくてブリーフらへんがチャームポイント。
 コミックバンドとはいいながらも切なげな曲も歌い上げる。

 しょっぱなのそのくだり、パンツみえてますよね?むしろ見てますよね?
 見えてないとか見てないとか言ったら嘘しかないですよね?
 と思ってたら曲のラストのくだり・・・!!
 ブッコロブッコロ。

メジャーデビューというボケ

 結成15周年(!)を迎えた今年の1月25日、アルバム「メジャーデビューというボケ」(victor entertainment)で見事、メジャーデビュー。

 ボケといいながらガチだった件。

 そんな彼らのLIVEはこんな感じ。

 
 ほとんどあれやん。コントやん。どのくらいの割合で音楽やっててどのくらいの割合でコントやってるのか気になる。
 もっとわかりやすく言うと四星球のLIVEが気になる。

 Dragon Ashのボーカルのkjも彼らとの対談時に
 

Kj バンドマン以外の人から見たら、すごい違和感ある組み合わせ
に思うのかもしれないけど、
バンドマン人気はめっちゃ高いからね。
パンイチでふざけてるやつらを観て、名だたるバンドが袖で号泣してるっていう(笑)。
すっげえ不思議な画があるんだよね。
 「名だたるバンドを号泣させる」(Kj)――四星球の笑って泣けるロックって何だ!? 盟友対談で迫るより抜粋

 
 らしい。
 『出世作』とかいい曲ですしね。
 
 これを機に打首やオメでたも見てみてくださいね!

 それでは!

これを聴けばほぼベスト盤!?メジャーデビューというボケ

関連記事

関連記事

楽器を買って音楽を始めよう!