アイキャッチ画像がもう悲惨。
 画像をみてもここまで来てるコアな皆様こんばんは。

 多分8割の皆様は画像で直帰されたかと思います。
 知ってる人にとってはピンとくる有名画像ですよね。
 スキモノですね。

 子供の頃からバンド好きだとあまり理解されない。
 ロックが好きというよりバンドが好きな私は多くの場合、周りに勧めても「なにこの変な音楽」と一蹴されてきた。

 バンド好きは周りにいなかったわけですね。
 ロックの定義って難しいけど、俺が思春期真っ只中の際
 一般の方々からしたロックってGLAYやB’zで、俺にはそれが許せなかった。

 マニアック呼ばわりされながら、RIZEやハイスタ、バンプの初期などのドラムまで含めたバンドサウンドのバンドが大好きだった。
 当時は別にドラムもやってなかったし、こだわってはいなかったが、結果生音で出せるコンピューターや音源による打ち込みのない純粋なバンドサウンドに傾倒してきた。

 時は流れ30代。去年、今のバンドが始まったばかりの頃
 バンドメンバーのグルチャで好きな音楽とかの話になった。その時、今回のバンドがおススメとして挙げられていた。
 俺以外の二人は超盛り上がってるけど名前も初めて聴く俺は完全置いてけぼり。
 せめて好きかどうか反応しようといくつかyoutubeをあたってみた。 

 衝撃だった。
 1ミリも理解できなかった。「なにこの変な音楽」と言われてあれだけ怒っていた俺が
 思わず「なにこの変な音楽」と呟いた。
 カッコよさ、音楽的な良さ、何もかもが理解できなかった。

 30歳を超えて初めてあの時の、中学高校であいつらが「なにこの変な音楽」と言い放った気持ちを理解してしまったのだ。

 そこからまた1年が流れ同じバンドメンバーから「山田オルタナティブ」を教えてもらった。

 山田オルタナティブはこれまで出会ったどのバンドよりもマニアックで、狂気で、背筋が凍って、「すごい」と思った。
 こう、山田オルタナティブを聴いた後だと大体の音楽がポップに聴こえてくる。

 そんな感じで今回は最初聴けなかったけど、今はカッコいいと思えるこのバンド。



This Heat

 付け焼刃の知識と感覚でレビューするとめちゃくちゃ怒られるやつ。
 ジャズが好きですって言うと「ジャズの○○って曲や○○というアーティストを知らんのにジャズを語るなんてうんぬんかんぬん。」としゃしゃり出てくるオジサマライクなコアなバンド。
 
 とりあえず防衛線は張ったからカチコミやめてね。
 こう見えて繊細でガラスハートだからね。カチコミかけられると数日心折れるからね。
 特に身内。

 そういうコアなファンがいるバンドって音楽性もかなり強烈。

 不気味なイントロからお経かな??からの悲鳴。2分からの一気に駆け抜けるスピード感。
 途中から曲調変わり過ぎて同じ曲?1曲の中にいくつもの曲があるの?と不思議な気分。
 これが聴けたら立派な、なんだろ。
 通?音楽好き?変態?

 うん。変態が最もしっくりくる。いや、どう考えても変態だろこの曲。

イノベーティブ

 This Heatを聴ける人の大半はThis Heatをベタ褒めする。
 革新的で完成されて傑作で名盤だと。
 ググると「This Heat 名盤」とサジェストされたりする。
 
 こう、マニアックであるほどありがたがる人種もいるが、This Heatは色々押しのけて、唯々衝撃。

 地獄から這い出てきたんですか?
 でもこの動画の曲はThis Heatの中でもかなりポップな曲なんだよねぇ。
 ただただノイズな曲もたくさんありまして。

 恐怖を表現したというアルバム、 Deceit。
 大成功してます。全体通して恐怖です。
 ジャケットの包帯ぐるぐる巻きの血が滲んだ顔みたいなアートワークは

キノコの雲 、 核兵器を描写したテーママップ 、 ロナルドレーガン 、 レオニード・ブレジネフ 、 ニキータ・フルシチョフの写真などの写真のフォトモンタージュ
wikipediaより抜粋

であるという。怖えよ。

そして伝説へ

 1976年から1982年まで活動した、活動休止から36年のイギリスロンドンのバンド。
 いわゆるUKロック。
 はい。私生まれておりません。

 ノイズロックでポストパンクの古典とされている。
 以下の曲は前半はノイズ。中間はフュージョンからのラウド。後半に山田オルタナティブを感じる。

 いや、This Heatと山田オルタナティブを同列に語るのが是か非かは置いておいて

 1曲の中に色んな要素を感じるのはミクスチャーですと何度か話したことがあったが、This Heatは要素を感じるどころか溶けてない。
 なんかこう、1曲の中にいろんなジャンルが出ては引いてって感じ。 

 ドラムのCharles Hayward はあるインタビューで
 It was all about trying to find something new,” Hayward says, speaking from his home in London
 (ヘイワードはロンドンから「新しいことを見つけようとしたことがすべてだった」と話す。)

 そしてこの曲が録音されたのは1977年の曲。41年前・・・
 本気の変態っすね。
 本当に先鋭的で斬新で最先端な音楽はマニアックでしかなりえない。
 
 何故なら誰も聞いたことがないからね。
 これこそが本当のオルタナティブロック(音楽性的に既存のジャンルに含める事が難しいがロックであることだけかろうじてわかるレベル)なのかもしれない。

 そしてベースで作曲者でボーカルで作詞家のGareth Williamsが2001年のクリスマスイブに癌で死去。
 本当に伝説になってしまった。

 誰も聴いたことがない衝撃の音って一部の熱狂的なファンができたとしても、商業的には絶対成功しないよね。
 ノリ方もわからなければ、わからないもの、初めて触れるものってみな怖いからね。

 でもそんな先鋭的で革新的なバンドは常にコアなファンから応援されててほしいなと。

 それでは!
 

おススメ音源

 どれも名盤と名高いが、最もやはり本文中でも挙げたポストパンクの古典「Deceit]だろう。
 終始通して陰鬱で、尖っていて、ノイジーで厳格な音楽。
 知ってるだけで通ブレる音楽。

Deceit

Deceit

This Heat
1,288円(05/26 18:58時点)
Amazonの情報を掲載しています
関連記事

関連記事

楽器を買って音楽を始めよう!