『売れないバンドマン』って言葉からどんな生活を想像します??
 定職に就かず、ライブノルマに追われて、深夜のコンビニバイトか何かで食いつないで、何なら女にヒモ的に頼りながら暮らしているバンドマン。

 想像にたやすい。

 『売れてるバンドマン』って言葉からどんな生活を想像します??
 日々スタジオに入って、ライブの予定や計画を事務所やメンバーと話し合って、メディア取材を申し込み、取材を受け、SNS頑張り、それなりに金もあって豪遊している。

 想像にたやす・・・い・・・??

 まぁ私はそのどちらにも属したことがないのですがね。

 ここの共通点はどちらも「会社に属していない」という点。もっというと「仕事らしい仕事をしていない」点。
 就職という言葉を使った例文として「音楽を諦めて就職した」というセンテンスって一度は聞いたことがあると思うんだけど
 
 誰が就職したら音楽諦めたことになるって決めたのかね??
 誰が音楽続けるには就職してはならないって決めたのかね??
 誰が音楽と仕事(会社)の両方を取ってはならないと決めたのかね??

 それは個々人の自由だろうと。

 社会人/会社員しながら音楽も本気。そんな生き方だっていいし、俺はそうでありたい。
 例えば以前にも
Spangle Call Lili Line

シャーベットクロック

 を例に挙げたし

 今回のアーティストも社会人バンド。



VELTPUNCH

 1997年、立教大学の音楽サークル「RFU」でSmashing Pumpkinsのコピーバンドを組んでいた 長沼秀典、ナカジマアイコ、南雲壮太郎でVELTPUNCHを結成。下北沢、渋谷、三軒茶屋などでライブ活動をはじめる

 この時点でそこはかとなく香るエリート臭。
 しかし既に3rdアルバムだが私が出会ったこの曲から全くエリート臭は感じられなかった。

 美女声、絶叫、シンプルで激しいリフ、Cメロのドラム、単純な構成。
 ほとんどパンク。
 全然泥臭いです。本当にありがとうございました。
 今でも聴きます。

 この『Killer Smile』が入っているhuge mistakeは名盤だと信じてやまない僕です。

この人達は会社員です

 今年20周年のVELTPUNCHだがVo’でBa’のナカジマアイコも、ICT企業の会社員。
 VO’でGt’の長沼秀典も印刷会社の常務様。一応説明すると社長→専務→常務→部長→課長位の感覚。お偉いさん。
 
 そんなガチで会社員の方々が作る音楽は

 どの曲も全然大人しくないしオトナじゃないし気取ってないしむしろ泥臭かったですよと。

 長沼:スタジオ練習は週1で4時間くらいですけど、4時間ほぼ休憩を取らずにずーっとやるんです。長時間の演奏に耐える身体を作っていかなくちゃいけないので、ガッツリと疲れるまでやるし、後は地味に身体を鍛えたりもしています。

 あ、マジな社会人です。僕は週1で2時間~2時間半です。継続は力なり。今やってるABALONE APESがしっかり形になるといいなぁ。
 
 同じインタビューからの抜粋だけど

長沼:ミュージシャンって、社会というシステムの中では弱者なんですよね。芸人さんやスポーツ選手も同じだと思うんですけど、エンターテインメントの業界って、それを売り出す会社や組織は自分たちの生活をキチッと守っていますけど、あくまでもコンテンツとなる中身のプレイヤーは使い捨てで。

長沼:好きな音楽がやれるといっても、だからといって社会的弱者のポジションにいなきゃいけないというのは違うと思うんです。そりゃあ好きな音楽を作って、それが社会の中で評価されたいと思いますけど、だからといって自分たちの生活が不安定であるべきだとは思わないというか。
JUNGLE★LIFE結成20周年を迎えたVELTPUNCH、21年目以降の方向性会議『ミュージシャンと社会人、2つの顔を持つ長沼秀典の生きる道』より抜粋

 アニキ、全く同じ想いであります!

20周年記念

 20周年ってことで色々盛り上がってるVELTPUNCH。
 今年の3月にはライブ・ドキュメンタリーDVDも発売。

 曲もそうだがイイ歳したおっさんの下ネタ全開のMCとかね。誰得なんかよくわかんないけどもドキュメンタリーっていいよね。

 以前紹介したMONOにもドキュメンタリーDVDが出てるけどバンドの人となりと音楽への向き合い方と生みの苦しみとが合わさってすんごく素晴らしい。
 単純なLIVEDVDよりずっと好きだもん。

 10月22日には渋谷CLUB QUATTROでワンマンが開催される。
 会場限定シングルの販売とか(10/19までの限定公開)

 イントロがカッコよすぎる。通常販売あるかな・・・?あるよね・・・!?あってくれ!

 オリジナルiphoneケースとか

 旧メンバーの集結とか
 盛りだくさん!

 とりあえず変わらないVELTPUNCHが今後もずっと観たい!社会人バンドマンの憧れの的であり続けてほしい!

それでは!

おススメ音源

関連記事

関連記事

楽器を買って音楽を始めよう!