こんにちは。
 名古屋生まれ名古屋育ち。
 西三河在住で毎日1時間30分かけて名古屋の職場に通ってます。
 オサピーです。

 往復3時間の通勤とか自分自身酔狂だなとか思うけど、ブログの構想とか仕事のON/OFFとかに割と便利です。

 地元のバンドとかあまり知らないのだけど、愛知県発のバンドってそれだけで親近感がある。
 愛知県だと04 limited sazabysとかロックシーンの顔だし最近だと九十九とか注目株。

 今回は結構歴も長いし地元名古屋では結構有名だし俺ですら名前聞いたことあるけどいまいち全国区に飛び出しきれないあのバンド。

 大手サイトでもタイトル奪取で取り上げられたのに、相変わらずの知名度。地域密着型名古屋が生んだ暴れ馬。

 彼らは



ビレッジマンズストア

 まず一度見たら忘れられない出で立ち。
 アイキャッチ画像と同じだが

 真っ赤っか。スーツ+ネクタイって時点でステレオタイプにガレージロックを彷彿とさせる。
 見た目だけでこんなに主張するバンドは数少ない。

 さて、このガレージを彷彿とさせる服装で鳴らされる音楽とは

 ミッシェルガンエレファント+和。

 これ系のジャンルは全然外れない。どれ聴いてもカッコいい。
 演奏力が低いと聴けたもんじゃないだろうが、演奏力が低いとそもそもできないor話題にも上らない。厳しいジャンル。

 以前近しいジャンルでPINBALLSも取り上げたことがあったが、また別の良さがある。

 他のバンドにないのはテンションの高さだ。「これは夢ではなあぁああぁあい!!!」
 歌詞別に明るくないのに、どこか明るいのがビレッジマンズストア。

15周年

 2003年に名古屋で結成。
 愛知県豊田市小原村出身のボーカル水野ギイ、ベースのJack、旧ギターの加納は中学の同級生。
 中学生からバンドやってるベテラン。

 今では立派に名古屋のバンド。自主制作CD全3000枚以上を完全に売り切ってしまう実力を持ち
 2012年、初めて全国流通の「亡霊よ、爆発しろ」をリリース。

 
 あっけぇ。マジ赤い。そしてマジキャッチー。ところどころで聴こえる「アッフウ!」のかけ声で噴く。
 氣志〇か。
 ロックンロールを掻き鳴らしてるのにどこかカワイイ。
 カワイイロック。新基軸。

 ロックンロールを歌ってるし明るくないのに明るい。俺がおかしいのかな?
 どこか明るいのが魅力。ビレッジマンズストア。

2018年。いいかげん売れろ

 2003年結成。2012年デビュー。2014年、2015年にそれぞれ大手サイトで取り上げられ、個人的にバズるのを期待していたが、相変わらずのフラットな飛行。

 低空でもない。高空でもない。全国回って2017には恵比寿LIQUIDROOMでの公演も果たし、来るぞ来るぞと言われながらいまいち来ない。不思議。

 2016年の3rdミニアルバムからWENDYという曲を聴いてみると

 漫画になれぬ私の血が
 鶴舞線じゃ不戦敗だと 耳障りだ

 おい鶴舞線www名古屋市民しかわかんねぇよwww
 ※名古屋市内の地下鉄の6路線の一つ。名古屋版浅草+秋葉原である大須とか行ける。

 そんなビレッジマンズストアがつい先日2018年8月22日に初の10曲入りフルアルバムを発表。

 これまでのガレージロックンロールのみならず、リードトラックの「アディー・ハディー」のような踊れる楽曲も収録されてバンドの幅の広がりが伺える。

 ポップ性とクオリティの高い楽しいロックンロールを聴きたい方全てにおススメ。

 このYOURSを筆頭にもっと多くの人に、全国で聴かれるバンドになってほしいものである。

 それでは!

おススメ音源

 本文中に紹介したYOURSもいいけどガレージ臭の高い『刃の上を君と行く』とか個人的に好きです。

バンドサウンド特化型音楽レビューO.S.A.P.
Review Date
music
『刃の上を君と行く』
Author Rating
41star1star1star1stargray
関連記事

関連記事

楽器を買って音楽を始めよう!