古くはLinkin Parkが創り出して日本でも流行りまくったミクスチャー。
 日本でもRIZEとかDragon AshとかMAD CAPSULE MARKETSとかミクスチャー流行りまくった。

 あの時代の盛り上がりって異常だったよね。
 一般人でさえロックバンド聴いてた。あの時代以上のロックバンドブームが来たらいいのに。

 あ、いや、そういうはなしじゃなかった。

 ミクスチャーっていう音楽ジャンルがあってですね。
 見たまんま字面のまんまごちゃ混ぜなジャンル。割とロック・メタル寄りの激しいサウンドに、ボーカルにはラップパートやメロディアスな部分や、他にもおもちゃみたいな電子音(シンセサイザー)だったりをごちゃ混ぜにした音楽。

 もっと乱暴に言えば昨今流行りのEDMをバンドアレンジして激しくしちゃったヤツ。要は若者がバカになれる音楽。

 今回はそんなごちゃ混ぜなミクスチャーを鳴らしながら観客を楽しませる観点ですごく勉強になったバンドがいたので紹介したい。




Xmas Eileen

 クリスマスアイリーンて読みます。常時クリスマスです。電飾キラキラです°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°
 そんなポッピンな平和な楽曲かというと。まぁ冒頭のミクスチャーの紹介でなんとなく想像ついてますよね。
 こんな曲です。ドン。

 踊れ踊れ。ツーステで踊れ。緩急つきまくりだ。
 しかしyoutubeのコメ欄がひどいw確かに王道ミクスチャーだけどさ。裏を返せばわかりやすくノれるじゃん。
 俺は好きよ。クリスマスアイリーン。

 ライブで前にいったら多分疲れて立ち上がれなくなるけど。首振り過ぎて3日間は首痛いと思うけど。
 LIVE行きたい系だよね。音源聴いて終わるにはもったいない系だよね。

バンドコンセプト

爆音で跳んで、笑って、踊って、泣いて、歌う、超・エンターテイメントバンド
人の心の弱さ、人を想う気持ち、前に踏み出す勇気を日本語で表現。ストリートを遊び尽くした独自の五感でジャパニーズロックサウンドを世に提示。
ステージメンバーはツインボーカル、パフォーマー、ギター、ドラム、DJ、ベースの7人全員がNO NAME(名前なし)。さらにコンポーザー、映像、アートワークを手掛けるメンバーを含んだクリエイティブチームとして活動。
2014年ライブデビューを皮切りに、大型フェス出演などでロックファンの間で話題になる。2016年8月1stアルバム「ONLY THE BEGINNING」でメジャーデビュー。
Xmas Eileen公式HP BIOGRAPHYより抜粋

 Victor Entertainmentからの 1stシングルより。
 イントロがヘヴィで静かなメロからいきなりノリのいいラップ。ポップでキャッチーでそりゃウケるだろってくらい爽やかなサビ。そりゃ売れるわ。

駆け上がりっぷりが半端ない。

2013 クリスマス
Vo’右が「俺と音楽をやりたい人は今日の9時に集合」とLINEを送って、集まった7人と仲間の制作チーム

2014.7.1
「the HIATUS」の”Keeper Of The Flame Tour 2014″大阪公演出演
新人バンドとしては異例のツアーサポート2日連続出演。その名前を轟かせる。

2014.12.25
結成1周年の節目に初のワンマンライブを決行。
ライブ回数25回、音源無しというバンドにも関わらずチケットSOLDOUT。

2015.5.20
1st mini Album 『SORRY WHO AM I ? 』リリース
オリコン初登場26位、オリコンインディーズチャート3位を記録。

2016.8.31
ビクターエンタテインメントよりメジャーアルバム『ONLY THE BEGINNING』リリース

そして今年。
2017.8.20
SUMMER SONIC 2017東京@RAINBOW STAGE出演

 4年でここまでなるもんなんすね。
 
 聞くに割とすごい人たちが集まって結成されたらしいがそこは覆面バンド。
 まぁ4回目とかのLIVEでHIATUSと一緒に出演するあたり、本当にすごい人が集まって発足したんだろう。

Vo.右:”元○○”みたいに言われるのが嫌で、周りの親しい友人にもまったく何も言わなかったんですよ。で、MVを発表したときに、めちゃくちゃ仲いい友達に”最近、Xmas Eileenというバンドがヤバイよ!”と言われて。”知ってるよ、俺!”って。
Vo.右:これは本当の話なんですよ、それぐらい隠してやりたくて。今までの経歴を引きずって、最初からお客さんがある程度入ることをやったらダメだなと。まあ、お客さん5人のときはちょっと衝撃的でしたけど。
激ロック インタビュー : “精神面ですごく泥臭いバンドだと思うんですよ” 謎 の仮面バンドがラウドにしてポップな2ndミニ・アルバムを完成!より抜粋

 5人てwwさすがに呼ぼうよw音楽に精通してない友達だっているでしょw
 でもそれだけ実績に頼らず実力を見せつけて登ってきた感。素晴らしい。超尊敬する。
 何かあの人の声に似てるなぁなんて思うけど、そういうのに思いを馳せるのも面白いよね。
 個人的にはFUNKY MONKEY BABYSのあの人に似てる?とか思ったりするけど多分違うんだろうなあ。

最近のトレンド

 まぁ覆面だったりEDMだったりミクスチャーだったり新旧のトレンドをごちゃ混ぜにした売れないわけがないXmas Eileenなわけなんだけど、個人的に一番ピンと来たのはこの一文。

ステージ・メンバー以外に映像、作曲、グラフィックなど裏方メンバーも含めたクリエイター集団

 実は今マイブームのARDOUR:ARDOUR∴もそうなんだよね。ステージパフォーマー以外にもアーティストがたくさんいて。
 LIVE行った時もそれっぽい人がたくさんいて。
 普段のライブハウスとステージごと変わってて・・・

 いいなぁ。
 色んな人と面白がって作るステージ。ステージ上の人間以外も光る環境。
 姉妹サイトでクリエイター支援サイトやってますが、いつかこの人達とも何か創りたいなぁ。

 最後Xmas Eileen関係なくなっちゃったw!!
 それでは!

関連記事

関連記事

楽器を買って音楽を始めよう!