トッポンチーノと小さな小さなハンドメイド

トッポンチーノ大好き娘(4歳)の予防接種にいってきました。
1年ぶりの予防接種で、緊張している感じはしましたが、泣かずに何事も無かったかのようにすんなり終了!
昔、予防接種で泣いて逃げ回っていたママから生まれたとは思えないデキの良さ◎
本当にすごいです!

予防接種の帰りに手芸店のセールに寄ったので、ごほうびにキャラクターのアップリケを買いました。
『あれにしようかな、これにしようかな~』
と嬉しそうに悩んで選んだのは大好きなソフィアのアップリケ。毎週夢中で見ているディズニーのアニメのプリンセスです。

そのアップリケをどこに付けようか悩んだのですが、やっぱりここだろうということで、早速アイロンを出してきて娘の大好きな今も現役のトッポンチーノに付けました。
『ここにつけたの!?すごーい』と娘は大喜び!大好きなトッポンチーノがもっともっと特別なトッポンチーノになりました。
注射頑張った勲章だもんね。

小さな子供にとって、ママが作ってくれたものは特別です。大好きなママに手作りしてもらった喜び、ママの愛情がつまっているからですよね。

でもママはみんなハンドメイドが好きなわけではないし、忙しくて手が回らないママもいます。
やりたくてもできない事情がいくらでも出てきます。
だから『頑張ってやってみてください』なんて言うつもりもありません。

今はだっこのおふとん(トッポンチーノ)のハンドメイドをしていて、手作りキットも販売していますが、
元々娘のトッポンチーノも私が作った物ではなく、買ったものです。※今のカバーは私が作ったもの
(産前、私は裁縫に興味もなくミシンを持っていなかったし、ギリギリまで仕事をしていて作ることなんて全く頭にありませんでした。)

赤ちゃんができると、なんとなく
『ベビーグッズは手作り』『保育園の入園準備も手作り』という風潮がありますね。
でも買ったものだって、ママが一生懸命選んだものです。
例えば今回みたいに『アップリケを付ける』だけ、
『ママの字で名前をかくだけ』でも子供は充分覚えていてくれるはず。

だから背伸びしないで、少しずつやれる範囲でハンドメイドしよう!
atelier yoursunのお客様も難しく考えないでキットを使ってくださったらいいな。
アップリケ1つで喜んでくれる娘を見ていて、そう思った今日でした。

コメントを残す