トッポンチーノの使い方(仕上げ磨きに)

わが家のトッポンチーノ大好き娘(4歳)が最近また新しい使い方を考えました。

それは…
歯磨きの仕上げ磨きで床に寝転ぶとき、トッポンチーノを枕にすること。
私の膝の上に頭をのせるのではなく、床に敷いたトッポンチーノの上に頭をのせます。

今までは私の膝の上に娘の頭をのせると角度が悪く娘の顎が下がって磨きにくいので、いつも膝の上に背中まで引き上げて磨いていました。体が大きくなってきたのでこれが母にはちょっと大変。
トッポンチーノに頭をのせていてもらえばフラットになり、ママにとっても磨きやすいです!

そしてこの方法、思わぬ効果がありました。
不思議なことに、歯磨き嫌いな2歳の弟も姉のまねをしてトッポンチーノに頭をのせて仕上げ磨きの催促をするようになりました。
歯磨き嫌いな弟にとって、
『さぁ、仕上げ磨きするよ。』
ではなく
『さぁ、ここ(トッポンチーノ)にゴロンして』
の方が受け入れやすい♪ということでしょうか。

姉の横に寝転んで『ぼくを先に磨いてよ~』と言わんばかり!
そんな時はトッポンチーノに『ご一緒』している2人同時に歯磨き!(遊び感覚で)

つい最近まで嫌がるところを無理やり押さえつけて口をこじ開け歯磨きしていたので、ずいぶん楽になりました。
仕上げ磨きは年齢に『つ』が付く歳まで!
といわれているようなので、
9つ(9歳)まで毎回仕上げ磨きしてあげるのが私の目標です。
まだまだ先は長い!

コメントを残す